Archive for the ‘未分類’ Category

東京都西多摩郡の少年事件も 遺失物横領事件に強い弁護士に相談

2017-08-19

東京都西多摩郡の少年事件も 遺失物横領事件に強い弁護士に相談

東京都西多摩郡に住む10代の学生Aは、道端に落ちていた他人の財布を拾って自分の物にしてしまいました。
その後になって、自分のした行為が犯罪になるのか不安になったAは、少年事件に強い弁護士に相談しました。
(この話は、フィクションです。)

~遺失物等横領罪~

この記事を読まれている方の中にも、落とし物を拾った経験のある方は多いと思います。
その場合、多くの方は持ち主に返す、又は警察や拾った場所の管理人に届けるなどの行動を選択すると思います。
「遺失物法」という法律にもそのような行動をとらなければならないと規定されており、この行動をとらずに自分の物にしてしまった場合には、遺失物等横領罪(占有離脱物横領罪)が成立します。
遺失物等横領罪は、刑法254条に「遺失物、漂流物その他占有を離れた他人の物を横領した者は、1年以下の懲役又は10万円以下の罰金若しくは科料に処する」と規定されています。
遺失物とは、占有者の意思によらずに占有を離れ、まだ他の誰の占有下にもない物のことであり、落し物は基本的に遺失物にあたります。
漂流物とは、遺失物のうち水中にある物のことです。
「その他占有を離れた他人の物」とは、「誤って占有した他人の物」などのことで、コンビニで余分にもらった釣り銭などがその例です。

遺失物等横領事件は、少年事件でもよく見受けられます。
件数がそこまで多くなければ逮捕されない可能性が高いですが、共犯者がいたり、被害金額が大きかったりした場合には、少年でも逮捕・勾留される可能性もあります。
また、遺失物等横領行為が明らかなのに否認をしているような場合にも、逮捕されてしまう可能性もあります。
そのため、早い段階から刑事事件・少年事件に強い弁護士を付けて身柄拘束等がなされないような活動をすることが重要です。

遺失物横領事件などの少年事件にお困りの際は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所のフリーダイヤル(0120-631-881)まで、お問い合わせください。
お電話では、専門スタッフが24時間体制で、初回無料法律相談のご予約や、初回接見サービスのお申し込みを受け付けています。
警視庁五日市警察署までの初回接見費用:4万200円

【東京都北区の逮捕も対応可】年齢切迫事件の少年事件に強い弁護士

2017-08-15

【東京都北区の逮捕も対応可】年齢切迫事件の少年事件に強い弁護士

Aは,東京都北区の路上で通行人のVに対して暴行をはたらき,持っていたハンドバッグを奪い去ろうとした強盗未遂罪の疑いで,警視庁赤羽警察署の警察官に逮捕された。
犯行当時,Aは東京都内の大学に通う大学生で未成年であったが,成年を迎える誕生日が間近に迫っていた。
Aの両親は,強盗未遂事件の手続きが進んでいる間にAが成年になってしまった場合,どうなってしまうのか不安になり,少年事件に詳しい弁護士に相談をすることにした。
(フィクションです。)

~少年事件の「年齢切迫」~

「年齢切迫」事件とは,一般に家庭裁判所送致時に少年の20歳の誕生日が迫っている事件のことをいいます。
少年が審判前に20歳に達してしまうと,成人としての刑事手続にのせられることになってしまい,家庭裁判所は年齢超過として事件を検察官に送致しなければなりません。
また,家庭裁判所送致嶷20歳の誕生日が間近であったり,年齢に加え,事案などから起訴が相当であると裁判官が判断した場合には,成人に達する前に検察官へ送致されてしまうこともあります。
検察官へ送致されてしまうと,起訴されて成人と同様の刑事裁判を受けることとなり,前科がついてしまう可能性が生じます。
また,少年事件での保護処分が受けられなくなる結果,少年が教育的な処遇を受ける機会を得られなくなってしまいます。

こうした場合,弁護士は付添人として,少年の更生のためにできるだけ保護処分となるよう,家庭裁判所送致日から成人に達するまでの日数を考慮し,送致後早急に,成人に達する前に審判期日を入れるように家庭裁判所にはたらきかけるなどの活動を行う必要があります。
こうした付添人としての活動は,通常の刑事手続きはもちろん,少年事件特有の専門的知識を必要とします。
ですので,刑事事件を専門とする弁護士に,付添人としての活動をご依頼されることをお勧めします。

年齢切迫事件は、少年事件の中でも特にスピードの要求される事件といえます。
刑事事件・少年事件専門の法律事務所である、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士は、専門という強みを生かし、スピーディーな対応を行います。
少年事件年齢切迫事件について、弁護士の話を聞きたいという方は、フリーダイヤル0120-631-881無料相談初回接見サービスをお申し込みください。
警視庁赤羽警察署までの初回接見費用:3万6,400円

福岡市南区の傷害事件に悩んだら…少年事件の逮捕に強い弁護士へ

2017-08-11

福岡市南区の傷害事件に悩んだら…少年事件の逮捕に強い弁護士へ

高校生Aは、福岡市南区の商店街ですれ違った男性と喧嘩になりました。
その際に、Aはその男性のことを殴ってしまい、騒ぎを聞きつけて駆け付けた福岡県南警察官に、傷害罪の容疑で逮捕されました。
Aの逮捕を聞いた家族は、福岡市内にある、刑事事件と少年事件を専門に扱う弁護士事務所に相談し、弁護士から今後の流れや見通しを聞いてみることにしました。
(この話は、フィクションです。)

~少年事件とは?~

最近はニュースなどでも、「少年事件」というワードを聞くことがあると思います。
この少年事件とは、少年法の対象となる事件について言われます。
未成年だから何をしても警察などに関与されない、というわけではないのです。

少年事件・少年犯罪の場合は、成人による刑事事件とは異なる手続きが定められているため、少年事件・少年犯罪特有の弁護活動や付添人活動が必要になります。
家庭裁判所に少年事件が送致された後からは、少年事件独特の手続きとなるのです。

また、少年事件や少年犯罪における処分などは、捜査直後の対応によって大きく左右されます。
少年事件と言っても、警察や検察といった捜査機関からの取調べは行われます。
そこできちんと少年自身が主張したいことを主張できるかどうかが重要なのです。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、刑事事件と少年事件を専門に扱う事務所ですので、少年事件や少年犯罪に関する実績と専門知識を豊富に備えています。
家族が少年事件を起こしてしまったもののどうしていいか分からないという方も、少年事件の手続きが分からず不安だという方も、まずは弊所の弁護士による初回無料法律相談初回接見サービスのをご利用ください。
弊所は全国9か所に事務所がありますから、お近くの事務所をご利用いただけます。
福岡県南警察署までの初回接見費用:3万5,900円

弁護士の初回接見を!東京都江戸川区の強姦未遂事件で少年の逮捕なら

2017-08-07

弁護士の初回接見を!東京都江戸川区の強姦未遂事件で少年の逮捕なら

東京都江戸川区に住んでいる少年Aさんは、同級生に無理矢理性行為を迫り、警視庁葛西警察署強姦未遂罪の容疑で逮捕されました。
Aさんの両親は、刑事事件・少年事件を専門に取り扱っている弁護士に、初回接見の依頼をし、警視庁葛西警察署にいるAさんに会いに行ってもらうことにしました。
Aさんの両親は、初回接見の報告を聞き、その後も弁護士にAさんの弁護活動・付添人活動を依頼することにしました。
(フィクションです)

~少年事件と初回接見~

少年が被疑者となる少年事件でも、逮捕されて取調べを受け、その後勾留をされる可能性があるという大まかな流れは、成人と変わりません。
少年事件独特の手続きが大きく出てくるのは、基本的に、検察官から家庭裁判所に送られてからとなります。

そのため、少年であっても、成人と同じように厳しい取調べを受けることになります。
もちろん、少年事件の取調べであることを念頭に行われる取調べもあるでしょうが、中には成人と変わらない厳しい取調べも存在します。
逮捕されて、自分が今後どのようになるのかもわからないまま警察官の厳しい取調べに対応することは、成人であっても難しいことですから、まだ発展途上の少年にとっては、なおさら大変なことでしょう。
成人の刑事事件にも同じことが言えますが、少年事件については特に、早期に専門家である弁護士からアドバイスを受けて、自分の立場や今後の手続き、取調べの受け方、ご家族からの伝言を伝える必要があります。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所では、刑事事件・少年事件を専門に取り扱っている弁護士が、初回接見サービスを行っています。
初回接見サービスでは、お申し込み後24時間以内に、弁護士が少年のもとへ接見に向かい、今後の手続きの流れの説明やアドバイスを行います。
そして、ご依頼いただいたご家族の方などに初回接見の内容をご報告し、家族と少年の間の伝言のやり取りなども行います。
初回接見は、弁護士が1回接見に行くというサービスですが、その1回の接見によって、少年自身にも、そのご家族にも大きな支えができることになります。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所では、初回接見サービスのお申し込みを24時間いつでも受け付けています(0120-631-881)。
少年事件でお子さんが逮捕されてお困りの方は、まずは弊所までお問い合わせください。
警視庁葛西警察署までの初回接見費用:3万8,100円

少年事件での逮捕なら弁護士に相談~兵庫県姫路市の監禁事件も対応

2017-08-03

少年事件での逮捕なら弁護士に相談~兵庫県姫路市の監禁事件も対応

兵庫県姫路市内の道路で車を運転していた19歳のA君は、たまたま近くを歩いていた顔見知りの中学生V君に、自宅まで送り届けてあげると嘘をつき、車内に連れ込み、人気のないところで恐喝してお金を奪おうと考えました。
しかし、その道中にパトロール中の兵庫県姫路警察署の警察官に職務質問されたことでA君の目論見が発覚し、A君は監禁罪逮捕されることとなってしまいました。
(フィクションです。)

~監禁罪と被害者の認識~

刑法220条には、「不法に人を逮捕し、又は監禁した者は、3月以上7年以下の懲役に処する。」と監禁罪が規定されています。
監禁罪の言う「監禁」とは、人の身体を場所的に拘束してその身体活動の自由を奪うことをいいます。

今回の場合、被害者の中学生V君は、自宅まで送ってもらうつもりでいたのですから、自分が監禁状態にあるとは認識していません。
それでも監禁罪が成立するかどうかが、今回の問題となります。

監禁罪は、身体活動の自由を保護するための規定とされており、その「身体活動の自由」とは行動したい時に行動できるということを意味します。
したがって、行動したいときに行動できるというV君の自由がA君の行為によって制限されているので、被害者(=V君)が監禁の事実を認識していることを不要と解されます。
よって、今回のA君の行為に監禁罪が成立する可能性があるということになるのです。

このように、少年事件・刑事事件では、事件ごとに犯行態様やその事情が様々であるため、刑事事件の法律の知識に詳しい弁護士の対応が必要です。
弁護士の対応が入ることで、その後の少年の処分が大きく変わってくる可能性があります。
例えば、取調べの対応の仕方について、弁護士のアドバイスがあれば、最後まで少年が自身の言い分を主張できたり、やっていないことまでやったことにしてまわないように予防できたりします。
そのため、少年事件が発生してから、なるべく早い段階で弁護士に相談・依頼することが重要といえます。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、刑事事件と少年事件を専門に扱っている事務所です。
刑事事件、少年事件に詳しい弁護士が丁寧に対応致します。
少年事件のことで何かお困りのことがございましたら、お気軽に弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士まで、ご相談ください。
兵庫県姫路警察署までの初回接見費用:3万9,700円

触法少年とは?岐阜県大垣市対応の少年事件に強い弁護士へ相談

2017-07-30

触法少年とは?岐阜県大垣市対応の少年事件に強い弁護士へ相談

Aは,岐阜県大垣市に住む14歳未満の少年です。
ある日,Aは岐阜県大垣市内の空き家に遊び半分で放火したとの非行行為によって,児童相談所の職員から調査を受けることとなりました。
Aの母親は,職員から,Aが14歳未満であることからいわゆる触法少年という扱いになることや,家庭裁判所による審判の措置もあり得るとの説明を受けました。
我が子の行く末を心配したAの母親は,こうした少年事件についてアドバイスを求めることができるのか,刑事事件・少年事件を専門とする法律事務所を訪れ,弁護士に相談をすることにしました。
(フィクションです。)

~触法少年とは?~

触法少年とは,14歳未満で刑罰法令に触れる行為をした少年のことをいいます。

14歳未満の少年は刑事責任能力がないと刑法で規定されているため,刑罰法令に触れる行為を行っても犯罪にはなりませんし,捜査をすることも許されません。
また,刑罰を科すことも許されません。
触法少年として扱われるかどうかの基準は,触法行為時の年齢で判断すると考えられています。

この触法少年の調査や処遇は,原則として児童相談所などの児童福祉機関による措置に委ねることになり,児童福祉機関が相当と認めた場合にのみ家庭裁判所に送致し,その場合にのみ家庭裁判所は審判に付すことができるという仕組みがとられています。

また,警察官は触法事件に対して触法調査を行う権限が少年法で明文化されています。
これに伴い,少年および保護者は,警察官による触法調査に関して,いつでも弁護士付添人を選任できることができるようになりました。
触法少年の付添人活動では,児童福祉領域や児童相談所の実務についての理解が必要となります。
こうした活動については,少年事件の付添人活動についても経験豊富な刑事事件・少年事件を専門とする弁護士にご依頼されることをお勧めします。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士は,刑事事件・少年事件専門の弁護士であり,触法少年事件についての刑事弁護活動も承っております。
触法少年に関してお困りの方は,弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士までご相談ください。
岐阜県大垣警察署への初回接見費用:4万1,000円

少年事件に強い弁護士が即接見!福岡県久留米市で逮捕にも対応

2017-07-26

少年事件に強い弁護士が即接見!福岡県久留米市で逮捕にも対応

高校生のAは、通学途中、福岡県久留米市内を通る電車内で痴漢行為をしました。
被害女性が駅員に通報したことで、福岡県久留米警察署の警察官が現場に駆け付け、Aは福岡県久留米警察署に連行され、逮捕されました。
Aが痴漢事件を起こして逮捕されたと聞いたAの家族は、すぐに福岡県内の少年事件に強いという弁護士に接見を依頼しました。
(この話は、フィクションです。)

~接見交通権~

逮捕などにより、身体拘束がなされている被疑者・被告人と面会することを接見(接見交通)と言います。
そして、身体拘束を受けている被疑者・被告人と面会し、または物などの授受をする権利のことを、接見交通権と言います。
接見交通権は、弁護士との接見交通と、弁護士以外との接見交通に分類することが出来ます。

弁護士以外との接見交通の場合は、警察官等の立会いのもと行われるため、事件に関することは話すことが出来ません。
また、事件の内容によっては、接見禁止が付けられる場合があり、接見禁止が付くと、弁護士以外との接見は出来なくなります。
もっとも接見禁止が付いたとしても、被疑者や被告人が少年の場合には、保護者との接見は除外されることもあります。

弁護士との接見交通の場合は、接見禁止がつけられていても可能であり、また、警察官等の立会いなく接見ができます。

少年は成人に比べて知識や経験が未熟なため、早期に弁護士からの具体的なアドバイスを受けることが後の処分に大きく影響します。
例えば、取調べの際の対応の仕方などは、弁護士から助言をもらえるかどうかによって大きな差が生じます。

このように、弁護士との接見交通は、少年事件において大変重要な意味を持っています。
子供が逮捕された場合などは、お気軽に弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士までご相談下さい。
少年事件を多数扱っている弁護士が、的確なアドバイスかつ弁護方法をご提案させていただきます。
初回無料法律相談初回接見のお問い合わせなどは、0120-631-881までご相談下さい。
24時間いつでも受け付けております。
福岡県久留米警察署までの初回接見費用:3万9,000円

(逆送事件には弁護士)東京都三鷹市の殺人事件で逮捕にも

2017-07-22

(逆送事件には弁護士)東京都三鷹市の殺人事件で逮捕にも

19歳の少年であるAさんは、東京都三鷹市において、Vさんを殺害する殺人事件を起こしてしまいました。
Aさんは、警視庁三鷹警察署に殺人罪の容疑で逮捕された後、家庭裁判所に送致されましたが、その後、いわゆる「逆送」をされることになりました。
Aさんの家族は、少年事件の「逆送」について不安が大きく、刑事事件・少年事件を専門にしているという弁護士のもとに相談に訪れました。
(フィクションです)

~「逆送」って?~

少年事件の手続きは、少年の処罰よりもその健全育成を重視され、少年法に従うことになります。
そのため、犯罪行為をした少年に対しては、原則として刑罰ではなく保護処分がなされます。
保護処分とは、保護観察や児童自立支援施設・養護施設への送致、少年院送致です。

しかし、家庭裁判所の決定によって、少年事件が検察官に送られることがあります。
これがいわゆる「逆送」、逆送致、と呼ばれるものです。
逆送がなされた際に、検察官が起訴をすれば、少年法ではなく刑事訴訟法のルールに従った、いわゆる普通の裁判を受けることとなります。
成人の刑事事件と同じ手続きにのっとった刑事裁判ですから、そこで有罪となれば、少年にも刑罰が科されることになりますし、前科もつきます。

逆送が本当に適切な判断であるのか、逆送がなされた後の弁護活動はどのように行うべきなのか、など、少年事件の中でも逆送事件は大変複雑な事件の1つです。
弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所では、このような逆送事件のご依頼も承っております。
弊所の刑事事件・少年事件専門弁護士が、少年やそのご家族の逆送に対しての不安を少しでも解消できるよう、尽力いたします。
0120-631-881では、弁護士による初回無料法律相談のご予約・初回接見サービスのお申込みをいつでも受け付けておりますので、まずはお問い合わせください。
警視庁三鷹警察署までの初回接見費用:3万7,100円

東京都足立区の万引き事件で少年院?少年事件で逮捕なら弁護士へ

2017-07-18

東京都足立区の万引き事件で少年院?少年事件で逮捕なら弁護士へ

東京都足立区に住んでいるの中学生Aさんは、自宅近くのコンビニで万引きを繰り返し、警視庁竹の塚警察署の警察官に、窃盗罪の容疑で逮捕されました。
以前からAさんの子育てに悩んでいたAさんの両親は、少年事件にも詳しい刑事事件専門の法律事務所に相談することにしました。
そこで、Aさんの両親は、万引きでも少年院に行く可能性があることを知りました。
(フィクションです)

~万引き事件で少年院?~

弊所へ少年事件の弁護活動・付添人活動をご依頼されるご両親の中には、「子どもを少年院に入れたくない」という方だけでなく、「子どものためには少年院で更生につながるのではないか」とおっしゃる方もいます。

少年院は、少年事件を起こしてしまった少年の更生のための施設であり、少年を罰するための施設ではありません。
そのため、確かにその少年の更生に必要になるのであれば、少年院へ行くという処分は、上記のように「子どものためになる」ということになります。

しかし、少年院に入るということは、その間、学校へ通うことはできませんし、自由に出かけることもできません。
少年にとって、少年院に行くことが不要であり、社会内での更生を目指すことの方が有用である場合もあります。

少年事件を起こしてしまった少年にとって、どのような処分が適正であるのか、少年院へ行くべきか行かなくてよいのか、ということは、それぞれの少年事件・少年自身の細かな事情によって変化します。
弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士は、少年事件を多数取り扱っており、こうした少年事件の処分やその見通しについてのご相談もお待ちしています。
弁護士は、少年本人やそのご家族の味方としてお話を聞き、更生に向けたサポートを行います。
子どもが万引き事件で逮捕されてお困りの方、少年院などの少年事件の処分についてお悩みの方は、弊所の弁護士にご相談ください。
警視庁竹の塚警察署までの初回接見費用:3万9,400円

(勾留阻止)少年事件に強い弁護士へ福岡県飯塚市の覚せい剤事件を相談

2017-07-14

(勾留阻止)少年事件に強い弁護士へ福岡県飯塚市の覚せい剤事件を相談

福岡県飯塚市在住のA君(16歳)は、成人している先輩のBさんから、覚せい剤を預かっておくよう言われ、覚せい剤を所持していました。
しかし、後日、A君とBさんは福岡県飯塚警察署に、覚せい剤所持の容疑で逮捕されてしまいました。
検察官はBさんが勾留されていることから、A君も勾留請求することにしたようです。
A君の両親は、なんとか勾留を回避できないかと、弁護士に相談してみることにしました。
(フィクションです)

~「やむを得ない場合」~

少年事件の場合、少年の保護の観点から、成人の刑事事件とは異なる制度・手続きが設けられています。
勾留についても、成人の刑事事件とは異なります。
それが「勾留に代わる観護措置」というもので、簡単に言うと、少年の留置先を警察署ではなく鑑別所にするものです。

しかし、成人の刑事事件のような勾留ができないわけではありません。
検察官が「成人の刑事事件と同様に勾留する必要がある」と判断すれば、勾留請求がされることになります。
ただし、成人の刑事事件よりも勾留の要件が厳しくなっており、通常の勾留の要件に加えて、「やむを得ない場合」でなければ勾留することができなのです(少年法43条3項)。

では、どのような場合に「やむを得ない場合」があるといえるのかというと、裁判例の中には、少年鑑別所又は代用鑑別所がなく、あっても収容能力の関係から収容できない場合や、少年の性行、罪質等により勾留によらなければ捜査の遂行上重大な支障がある場合などを挙げているものがあります(横浜地決昭和36年7月12日)。
上記の裁判例は、今回のケースと同様に成人との覚せい剤所持の共犯の可能性がある事件でしたが、裁判所は「やむを得ない場合」ではない、と判断し、勾留請求を認めませんでした。
このようなことから、A君の場合も、弁護士が適切な主張を行えば勾留を阻止することができる可能性があるといえるでしょう。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は少年事件・刑事事件専門の法律事務所です。
少年事件は、刑事事件という分野のの中でも、より専門性が要求される事件でもあります。
だからこそ、専門の弁護士による的確な弁護が必須ではないでしょうか。
弊所は24時間無料相談予約の受付を行っておりますので(0120-631-881)、少年事件でお困りの方は、すぐに弊所の無料相談をご利用ください。
福岡県飯塚警察署までの初回接見費用:4万200円

« Older Entries
Copyright(c) 2015 弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所 All Rights Reserved.