【少年事件に強い弁護士】東京都清瀬市の偽計業務妨害事件で逮捕なら

2017-10-18

【少年事件に強い弁護士】東京都清瀬市の偽計業務妨害事件で逮捕なら

東京都清瀬市の中学校に通う中学生Aは、ちょっとしたいたずらのつもりで、インターネット上のSNSに、「台風の騒ぎで動物園からライオンが逃げ出した」という文章を、海外の街中をライオンが歩いている写真と共に投稿した。
その後、Aは偽計業務妨害罪の疑いで警視庁東村山警察署逮捕されたため、Aの両親は、少年事件に強い弁護士に法律相談することにした。
(フィクションです)

~偽計業務妨害罪とは~

偽計業務妨害罪は、人を騙して、業務を妨害したときに成立します。
上記事例のAは、インターネット上のSNSにおいて嘘の情報を投稿することで、人を騙しています。
また、ライオンが逃げ出したとされる動物園等に、迷惑がかかって業務が妨害されていると考えられます。
この業務の妨害は、実際に調査や苦情処理のために損害が発生したわけでなくても、偽計業務妨害罪が成立する可能性があります。

~少年事件には専門の弁護士が必要~

成人の刑事事件の場合でも、警察での厳しい取調べに対応するために、事件の早期段階で弁護士をつけることが望ましいですが、少年事件の場合には、よりその必要性が強いです。
警察官の厳しい取調べにより、精神的にまだ未熟な少年が、嘘の自白や、不利な供述をしてしまう可能性が考えられます。

警察に逮捕されて不安な状態の少年に対して、少年の味方であり、専門家である弁護士がアドバイスすることで、少年は落ち着いて取調べ等に対応し、今後のことを考えることができます。
弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所では、少年事件を専門的に取り扱っているので、少年事件特有のデリケートな問題への対処のノウハウがあります。
今回の事例のように、いたずらのつもりで行ったことが少年事件へと発展するケースもあります。
少年の逮捕でお困りの方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所にご相談ください。
警視庁東村山警察署までの初回接見 3万7,800円

Copyright(c) 2018 弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所 All Rights Reserved.