さいたま市浦和区の少年による傷害事件 示談対応には刑事事件に強い弁護士

2018-11-22

さいたま市浦和区の少年による傷害事件 示談対応には刑事事件に強い弁護士

さいたま市浦和区の高校1年生のAくん(16歳)は、同級生のVくんとけんかし、その際にVくんを殴ってけがを負わせてしまいました。
けがを負ったVくんの両親は、息子がけがを負わされたことに怒りが収まらず、埼玉県警浦和警察署に被害届を出すと言っています。
Aくんの両親は、今後Vくんから被害届が出されてしまって、Aくんが逮捕されるような事態になることに不安をかんじたため、少年事件に強い法律事務所に相談に行くことにしました。
(フィクションです。)

~少年事件と示談~

お子様が少年事件を起こしてしまった場合に、被害者に対して謝罪や示談したいと考えるご両親は少なくありません。

しかし、上記事例のVくんのご両親のように、被害者も同じく未成年でご両親が激高しているような場合は、謝罪や示談に応じてもらえないことがままあります。
たとえ謝罪や示談に応じてもらえることになったとしても、当事者同士で示談交渉をする場合は、お互いの言い分がぶつかり合って話が平行線となり、かえって関係が悪化して示談成立どころではなくなってしまうケースも多く見受けられます。

このような事態を防ぐためには、弁護士を第三者として間に仲介させるとよいでしょう。
数々の示談を経験している刑事事件・少年事件専門の弁護士であれば、相手に対して適切に働きかけることができ、適切に示談が結べる可能性が高まります。

被害届が提出される前に示談を締結することが出来れば、事件化を防ぐことができます。
仮に被害届が出されてしまったとしても、傷害の程度が軽く、示談が締結されていれば、微罪処分となったり、審判で不処分となる可能性も高まります。

刑事事件・少年事件専門の弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、少年による傷害事件などの相談・依頼を承っております。
被害者の方との示談でお困りの方は、ぜひ一度、無料法律相談をご利用ください。
(埼玉県警察浦和警察署への初見接見費用:35,900円)

Copyright(c) 2018 弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所 All Rights Reserved.