奈良市の少年事件 窃盗罪をしてしまったら弁護士へ

2016-01-01

奈良市の少年事件 窃盗罪をしてしまったら弁護士へ

大阪市東成区在住のAさん(大学生)は、遊ぶ金欲しさに複数の友人の財布からお金を盗んでしまいました。
盗まれた友人たちは「窃盗犯人を絶対捕まえてやる」と意気込んでおり、奈良県警西和警察署に被害届も出しているようです。
怖くなったまだ未成年だったAさんは、少年事件が専門だという法律事務所に相談することにしました。
(フィクションです)

~窃盗事件の解決~

まったく見知らぬ人に対して窃盗をしてしまうこともあれば、身近な人や知り合いに対して窃盗をしてしまう場合もあるでしょう。
今回のAさんは友人からお金を盗んでしまいました。
きちんとした統計があるわけではありませんが、大学内で窃盗事件が発生したというのは、大学時代に1度は聞いたことがある方も多いと思います。

このような窃盗事件の場合、まずは謝罪をすることが重要でしょう。
そして、被害金額を返還することも重要です。
被害額にもよりますが、友達同士や大学同士だと、「お金が返ってくるのであればもういい」となることも少なくありません。
きちんと謝罪し、被害弁償をして示談を進めることが早期解決への第一歩なのです。
そして、被害届を取り下げてもらえれば、大学に発覚することなく窃盗事件を解決できる場合もあります。

「じゃあいちいち弁護士に頼まなくても、自分でできる」と思う方もいるかもしれません。
しかし、お金を返したからといって簡単に事件が終わらない場合もあり得ます。
そのため、弁護士を通じて真摯に対応し、しっかりと事件を終わらせることが重要なのです。
また、Aさんや被害者が未成年の場合は少年事件にもなります。
この場合、保護者(親)とのやり取りも必要となります。
感情的にならず、穏便な解決へ導くためにも、やはり弁護士の力が必要となるのです。

あいち刑事事件総合法律事務所は、刑事事件専門の弁護士事務所です。
多数の窃盗事件を解決してきましたし、多くの示談もまとめてきました。
少年事件にももちろん対応しておりますし、信頼できる優秀な弁護士が在籍しております。
窃盗事件を起こしてしまった方は、できるだけ早く、弊所までご連絡ください。
まずは無料相談で刑事事件専門の弁護士としっかり話してみてください。
なお、逮捕された場合であっても、初回接見サービスがございます。
(奈良県警西和警察署 初回接見費用:3万8900円)

Copyright(c) 2018 弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所 All Rights Reserved.