名古屋の少年事件で逮捕 ぐ犯少年の少年院送致を回避する弁護士

2016-08-29

名古屋の少年事件で逮捕 ぐ犯少年の少年院送致を回避する弁護士

愛知県名古屋市守山区内に住む高校生A(16歳)は、家族と仲が悪い状態でした。
そこで、A君は、親に内緒で家出をし、暴力団組事務所の電話番として寝泊まりをし始めました。
A君の行方を気にしていた親は、愛知県警守山警察署に捜索願を出し、A君が上記行動を行っていたことが判明しました。
A君は家に帰されましたが、A君の親は、「犯罪等はしていないが、この件で逮捕とかはされないのか。家庭裁判所に送られ、少年院に送られるということはないのか」と不安です。
そこで、少年事件に強い弁護士事務所の弁護士に相談へ行きました。
(フィクションです)

ぐ犯少年
少年法の対象となる少年は「犯罪少年」「触法少年」「ぐ犯少年」に分類されます。
そのうち、「ぐ犯少年」とは、ぐ犯事由があり、その性格又は環境に照らして、将来、罪を犯し、又は刑罰法令に触れる行為をするおそれのある少年を指します。
上記の例のA君が「ぐ犯少年」の例といわれており、A君は何ら刑罰法令に触れるような行為はしていませんが、A君を取り巻く環境や性格に照らせば、将来罪を犯す可能性があるとされるのです。

ぐ犯少年」は罪を犯していない以上、重い処遇がなされないようにも思われますが、そうとは限りません。
ぐ犯少年」と判断された場合、補導がなされ、その少年の扱いは児童相談所長の処遇決定にゆだねられます。
この決定により、児童福祉法上の措置がとられることもあれば、家庭裁判所に送致されることもあるのです。
家庭裁判所へ送られた後は、逆送がなされないという点を除いて、通常の少年事件と一緒です。
ですから、審判が開かれて、保護観察処分や少年院送致の判断がなされることになります。
実際、ぐ犯少年であっても、少年院送致になった例も少なくありません。
ですから、早くからの弁護活動(少年に対する付添人活動)が重要となるのです。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は少年事件専門ですから、数多くの審判を経験しております。
また、少年院送致を回避するための活動の経験も豊富です。
愛知県の少年事件ぐ犯少年の事件)でお困りの方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士までご相談ください。
初回法律相談は無料となっています。
愛知県警守山警察署 初回接見費用:3万8200円)

Copyright(c) 2018 弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所 All Rights Reserved.