大阪の少年事件で逮捕 面会の対応で評判のいい弁護士

2016-08-31

大阪の少年事件で逮捕 面会の対応で評判のいい弁護士

大阪府門真市に住む高校生A(17歳)は、通学途中に、怪しい男性に声をかけられて「覚せい剤に興味がないか」と言われました。
興味を持ったAは、少しだけなら…と、覚せい剤を譲受け、その場で覚せい剤を使用してしまいました。
その状況を、警ら中の大阪府警門真警察署の警察官に見つかったAは、覚せい剤取締法違反の容疑で逮捕されました。
Aの親は、すぐにでも面会に行って事情を知りたいと考えていますが、逮捕直後は面会できません。
そこで、少年事件に強い弁護士事務所の弁護士に初回接見を依頼しました。
(フィクションです)

少年事件での面会
少年は成人に比べて、知識・経験に乏しく精神的に未成熟です。
ですから、警察から取調べを受け、身体拘束をされることはとてつもなく精神的な負担を伴います。
心理的に不安定な状況の下で、捜査官の強引な誘導により取り調べられた場合、虚偽の自白や誤った内容による調書が作成される危険性が高いと言えます。
調書は一旦作成されてしまえば、後に内容を否定することはとても困難と言えますので、謝った調書が作成されないように少年にアドバイスしなければなりません。
また、少年は誤った知識を得てしまうことも少なくなく、実際、「自白すればすぐに出られると思った」「認めれば少年院に行かなくても済むと思っていた」と思っていた少年も少なくありません。

そこで、重要となってくるのが、少年との面会です。
少年とできるだけ早期に面会をし、丁寧に少年事件の流れを説明したり、具体的なアドバイスをすることで、誤った調書が作成されることや、誤った知識で行動するのを防ぐことができます。
また、早期に面会へ行くことで、少年の精神的なケアができるという点も重要です。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士は、少年事件専門ですので、少年事件の経験も多く、数多くの少年と面会してきました。
その中で、どのように伝えれば少年に分かりやすく伝わるか等も熟知しています。
大阪の少年事件逮捕され、面会に行ってほしいとお考えの方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士まで一度ご相談ください。
大阪府警門真警察署 初回接見費用:3万7600円)

Copyright(c) 2018 弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所 All Rights Reserved.