神戸市の少年事件で逮捕 おやじ狩りなら弁護士へ

2016-06-15

神戸市の少年事件で逮捕 おやじ狩りなら弁護士へ

神戸市中央区在住のA君(高校生)は友人ら数名とともに、恐喝罪の容疑で兵庫県警葺合警察署逮捕されてしまいました。
路上で高齢の男性に因縁をつけて金銭を奪う、いわゆるおやじ狩りをしてしまったようです。
A君逮捕の知らせを受けた両親は、少年事件に強い弁護士に初回接見に行ってもらうことにしました。
(フィクションです)

~おやじ狩り~

おやじ狩りとはどのような犯罪になるのでしょうか。
そもそもおやじ狩りとはサラリーマン等を狙い、金銭等を巻き上げる犯罪です。
暴行や脅迫を利用して金銭を無理矢理奪えば、今回のA君のように恐喝罪が成立する可能性があります。
法定刑は10年以下の懲役で、決して軽い犯罪ではありません。

また、場合によってはさらに重い犯罪が成立してしまう場合もあります。
被害者が反抗できなくなるような強度の暴行や脅迫を用いれば、強盗罪になってしまう可能性もあるのです。
強盗罪の法定刑は5年以上の有期懲役です。
さらに、怪我をさせてしまった場合には強盗致傷罪になる可能性もあります。
法定刑は無期又は6年以上の有期懲役です。
非常に重い犯罪になってしまうのです。

そこで、おやじ狩り逮捕されてしまった場合には、どの程度の暴行や脅迫を用いたかポイントの1つになってくるでしょう。
弁護士としては、事実関係を適切に把握しつつ、できるだけ軽い罪になるように活動することがあります。
その際には、被害者の年齢や加害者が何人だったのか、どのような暴行行為をしたのか等を見極める必要があります。
また、逆送や少年院送致を阻止して、できるだけ軽い処分になるように活動することもあります。
そのために、迅速に示談や被害弁償をまとめたり、被害者としっかりと交渉する力が弁護士には求められます。

このように、おやじ狩り事件の弁護活動では様々な能力が弁護士には要求されます。
そこで、少年事件のおやじ狩り事件を起こしてしまった場合には、あいち刑事事件総合法律事務所までご相談ください。
弊所は少年事件、刑事事件を専門に扱っております。
多くの少年事件を解決に導いてきた弁護士が在籍しております。
逮捕されてしまった場合には、初回接見サービスにより少年事件に強い弁護士がすぐに接見に向かわせていただきます。
(兵庫県警葺合警察署 初回接見費用:3万4900円)

Copyright(c) 2018 弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所 All Rights Reserved.