神戸の大麻取締法違反事件で逮捕 保護観察処分を勝ち取る弁護士

2016-04-27

神戸の大麻取締法違反事件で逮捕 保護観察処分を勝ち取る弁護士

18歳の高校生Xは、不良仲間に勧められるまま、大麻を使用するようになった。
その後、Xは友人らと神戸市中央区内の自宅で大麻を吸っているところを父親に発見され、父親とともに兵庫県警生田警察署へ出頭し、逮捕された。
Xは家庭裁判所に送致後は、観護措置がとられ、鑑別所に行くことになったが、少年事件に熱心な弁護士が付添人としての活動をしっかりと行い、保護観察処分となった。
(フィクションです。)

今回は、保護観察処分獲得に向けた付添人の活動をご紹介したいと思います。
X少年のように、非行原因として、不良仲間による影響が背景にある場合には、そうした不良仲間との関係をいかに解消するかということが重要となってきます。
ただし、初めからそれを決めつけて少年に接してしまうと、逆効果となってしまう場合があります。
仲間をけなされていると感じた少年による反発を招いてしまうからです。
環境を整備する際も、出来る限り少年の気持ちを尊重してあげることは大切です。

不良仲間といっても、単に夜遊びをする程度の地元の仲間という場合もあります。
そのような場合は、少年自身の生活リズムを整えるということを中心に保護者とも協力していくことで、自然と関係が解消されていくこともあります。
反対に、非行を繰り返すような集団に属しているなどの場合には、引っ越しというような根本的な改善が必要となることもあります。
また、少年自身が、不良仲間を唯一の拠り所としている場合もあります。
そのような場合には、家庭環境自体に問題がある場合もあるため、少年の居場所を作ってあげるという視点から、両親や家族とも協力して、環境整備を模索していく必要があります。

このように、交友関係に問題があるといっても、少年の数だけその形は異なります。
少年に真の更生を促していくためには、少年事件の経験の豊富さだけでなく、熱意のある弁護士に依頼されるのが良いと思います。
弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所では、少年の更生に向け、様々な活動を行ってきた熱意ある弁護士が在籍しております。
少年院送致が見込まれるような場合でも、保護観察などの寛大な処分を目指されたい方は、当事務所の弁護士にぜひご相談してください。
(兵庫県警生田警察署までの初回接見費用:34,700円)

Copyright(c) 2018 弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所 All Rights Reserved.