神戸の少年事件 痴漢で現行犯逮捕されても弁護士の素早い対応で不処分

2016-04-29

神戸の少年事件 痴漢で現行犯逮捕されても弁護士の素早い対応で不処分

神戸市西区在住の19歳少年は、通学途中のバスの車内で前に立っていた女性の太ももやお尻を服の上から触ってしまった。
被害に遭った女性がすぐに通報し、少年は神戸西警察署の警察官に現行犯逮捕されてしまった。
神戸西警察署から連絡を受けた母親は、慌てて少年事件に特化した弁護士事務所に相談の電話をした。
(フィクションです。)

痴漢事件の場合、少年が過去にも同種の事件を起こしていなければ、弁護士がしっかりとした対応をとることで、不処分となる可能性があります。
不処分を勝ち取るためには、被害者と示談を成立させることや、少年の素行や環境が改善されていること、少年自身が自分の行った行為と向き合い深く反省できていること等を示し、今後の更生の未来がしっかり描けることが必要となります。
ただ、事例のように事件を起こした当時の年齢が19歳である場合には注意が必要です。
少年法の適用があるのは、20歳未満ですから、事件が家庭裁判所に送致された後、審判が行われる時点で成人を迎えてしまうと、必然的に逆送決定がなされ、成人事件と同様、刑事処罰の対象となってしまいます。
逆送決定がなされ、刑事手続きとなってしまうと、起訴されて有罪の判断がされれば、少年に前科が付くことになるため、できる限り成人に達する前に審判期日を入れて保護処分の要否に問うことの方が望ましい。

このような活動は、付添人としての弁護士の活動が非常に重要となってきます。
ただ、保護処分では長期の施設送致が見込まれるが、成人事件ならば罰金や執行猶予となる可能性がある場合、あえて逆送決定に持ち込んだほうが有利であると考えられるケースがあります。
しかし、罰金や執行猶予では、前科が残ることになるうえ、確実に取れる保証はありません。
むしろ、少年の今後を考えれば、保護処分による更生を受けたほうが良い場合もあります。
このような判断は、専門家である弁護士でなければ難しいところです。
弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所では、少年事件を数多く扱ってきた弁護士が在籍しておりますので、適切な見通しを立てたうえで、最適の解決プランをご提示できると考えております。
少年事件でお困りの方は、ぜひ弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所弁護士にご相談ください。
(神戸西警察署までの初回接見費用:37,400円)

Copyright(c) 2018 弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所 All Rights Reserved.