兵庫県南あわじ市の傷害事件 不処分を求めるなら少年事件に精通した弁護士

2018-11-14

兵庫県南あわじ市の傷害事件 不処分を求めるなら少年事件に精通した弁護士

大学1年生のAくん(18歳)は、付き合っていたVさんとの別れ話のもつれにより、衝動的にVさんを叩いてしまい、Vさんにけがを負わせてしまいました。
そのため、Aくんは兵庫県警南あわじ警察署傷害罪の疑いで逮捕されることとなってしまいました。
Aくんの両親は、今後の審判において、不処分にしてほしい思い、少年事件に精通した弁護士に相談することにしました。
(フィクションです。)

~少年事件:不処分~

家庭裁判所に係属した少年事件は、終局決定によって終結します。
主な終局決定としては、審理不開始、不処分、保護処分(少年院送致、保護観察等)、検察官送致があります。
その中でも今回は、「不処分」について説明いたします。

まず、「不処分」とは、少年院送致や保護観察などの保護処分には付さない旨の決定のことをいいます。

そして、不処分決定には、以下の2種類があります。
1.「非行事実なし」
→これは、成人事件における無罪に相当するものです。
2.「保護的措置としての不処分」
→非行事実は認められるがその程度も軽微で、家庭環境も整っており、調査や審判の過程での教育的な働きかけによって,少年の問題点が改善され,保護処分の必要がない場合になされる処分です。

不処分決定は、家庭裁判所の調査結果で、保護処分に付することができない場合、または保護処分に付することが必要でないと認める場合に行われます。
身柄拘束中の少年については、不処分決定がなされると身柄拘束から解放されます。

不処分決定のための弁護活動または付添人活動では、少年の非行事実が非常に軽微なこと、少年の更生が進んでいること、生活環境が整っており、保護処分の必要がないことなどを裁判所に主張します。
少年事件は、時間的な制約が極めて大きいので、事件のできるだけ早い段階で、弁護士に依頼して適切に対応してもらうことが重要です。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、刑事事件・少年事件を専門に取り扱っている法律事務所です。
お子様が突然、傷害事件逮捕されてしまいお困りの方、お子様の審判で不処分決定を獲得したいとお考えの方は、ぜひ一度、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士までご相談ください。
(兵庫県警察南あわじ警察署の事件の初回法律相談:無料)

Copyright(c) 2018 弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所 All Rights Reserved.