(逆送事件には弁護士)東京都三鷹市の殺人事件で逮捕にも

2017-07-22

(逆送事件には弁護士)東京都三鷹市の殺人事件で逮捕にも

19歳の少年であるAさんは、東京都三鷹市において、Vさんを殺害する殺人事件を起こしてしまいました。
Aさんは、警視庁三鷹警察署に殺人罪の容疑で逮捕された後、家庭裁判所に送致されましたが、その後、いわゆる「逆送」をされることになりました。
Aさんの家族は、少年事件の「逆送」について不安が大きく、刑事事件・少年事件を専門にしているという弁護士のもとに相談に訪れました。
(フィクションです)

~「逆送」って?~

少年事件の手続きは、少年の処罰よりもその健全育成を重視され、少年法に従うことになります。
そのため、犯罪行為をした少年に対しては、原則として刑罰ではなく保護処分がなされます。
保護処分とは、保護観察や児童自立支援施設・養護施設への送致、少年院送致です。

しかし、家庭裁判所の決定によって、少年事件が検察官に送られることがあります。
これがいわゆる「逆送」、逆送致、と呼ばれるものです。
逆送がなされた際に、検察官が起訴をすれば、少年法ではなく刑事訴訟法のルールに従った、いわゆる普通の裁判を受けることとなります。
成人の刑事事件と同じ手続きにのっとった刑事裁判ですから、そこで有罪となれば、少年にも刑罰が科されることになりますし、前科もつきます。

逆送が本当に適切な判断であるのか、逆送がなされた後の弁護活動はどのように行うべきなのか、など、少年事件の中でも逆送事件は大変複雑な事件の1つです。
弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所では、このような逆送事件のご依頼も承っております。
弊所の刑事事件・少年事件専門弁護士が、少年やそのご家族の逆送に対しての不安を少しでも解消できるよう、尽力いたします。
0120-631-881では、弁護士による初回無料法律相談のご予約・初回接見サービスのお申込みをいつでも受け付けておりますので、まずはお問い合わせください。
警視庁三鷹警察署までの初回接見費用:3万7,100円

Copyright(c) 2018 弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所 All Rights Reserved.