東京都足立区の万引き事件で少年院?少年事件で逮捕なら弁護士へ

2017-07-18

東京都足立区の万引き事件で少年院?少年事件で逮捕なら弁護士へ

東京都足立区に住んでいるの中学生Aさんは、自宅近くのコンビニで万引きを繰り返し、警視庁竹の塚警察署の警察官に、窃盗罪の容疑で逮捕されました。
以前からAさんの子育てに悩んでいたAさんの両親は、少年事件にも詳しい刑事事件専門の法律事務所に相談することにしました。
そこで、Aさんの両親は、万引きでも少年院に行く可能性があることを知りました。
(フィクションです)

~万引き事件で少年院?~

弊所へ少年事件の弁護活動・付添人活動をご依頼されるご両親の中には、「子どもを少年院に入れたくない」という方だけでなく、「子どものためには少年院で更生につながるのではないか」とおっしゃる方もいます。

少年院は、少年事件を起こしてしまった少年の更生のための施設であり、少年を罰するための施設ではありません。
そのため、確かにその少年の更生に必要になるのであれば、少年院へ行くという処分は、上記のように「子どものためになる」ということになります。

しかし、少年院に入るということは、その間、学校へ通うことはできませんし、自由に出かけることもできません。
少年にとって、少年院に行くことが不要であり、社会内での更生を目指すことの方が有用である場合もあります。

少年事件を起こしてしまった少年にとって、どのような処分が適正であるのか、少年院へ行くべきか行かなくてよいのか、ということは、それぞれの少年事件・少年自身の細かな事情によって変化します。
弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士は、少年事件を多数取り扱っており、こうした少年事件の処分やその見通しについてのご相談もお待ちしています。
弁護士は、少年本人やそのご家族の味方としてお話を聞き、更生に向けたサポートを行います。
子どもが万引き事件で逮捕されてお困りの方、少年院などの少年事件の処分についてお悩みの方は、弊所の弁護士にご相談ください。
警視庁竹の塚警察署までの初回接見費用:3万9,400円

Copyright(c) 2018 弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所 All Rights Reserved.