福岡県うきは市での傷害致死事件 少年でも裁判員裁判対象に?

2018-10-05

福岡県うきは市での傷害致死事件 少年でも裁判員裁判対象に?

A君(17歳)は傷害致死罪福岡県うきは警察署に逮捕,検察庁に送致され勾留されました。その後,事件は家庭裁判所に送致されましたが,裁判所で逆送決定が出て,再び検察庁に送致されました。検察官は福岡地方裁判所に起訴しました。A君は,今後,裁判員裁判に出廷する必要が出てきました。
(フィクションです)

~ 傷害致死罪(刑法205条) ~

本罪は,(人の)身体を傷害し,よって人を死亡させた場合に成立する犯罪で,法定刑は3年以上の有期懲役です。なお,傷害の故意(人に怪我させてやろうという意図)には暴行の故意も含まれると解されていますので,本罪が成立するのは,
1 傷害の故意で人を傷害したところ,その傷害から更に死亡の結果を発生させた場合
2 暴行の故意で人に暴行を加えたところ,傷害の結果が生じ,その傷害から更に死亡の結果を発生させた場合
の2通りが考えられます。

~ 少年と裁判員裁判 ~

裁判員裁判とは,一般の国民が裁判員として刑事裁判に参加し,被告人が有罪かどうか,有罪の場合どのような刑(量刑)にするかを裁判官と一緒に決める制度です。もっとも,全ての刑事事件裁判員裁判の対象となるわけではなく,裁判員裁判の対象となる刑事事件裁判員の参加する刑事裁判に関する法律により定められおり,殺人罪傷害致死罪強盗致傷罪強制性交等致死傷罪などの重大犯罪に限って裁判員裁判対象事件となると定められています。
本件のように,逆送決定を経た少年は「犯罪の嫌疑がないと認められた場合」を除いて裁判所に起訴されますから,少年であっても被告人となり刑事裁判を受ける必要がありますし,起訴された罪名が裁判員裁判対象事件の場合は,裁判員裁判を受ける必要があり,結果として懲役刑を受け刑務所に服役しなければならない場合もあります。もっとも,審理の結果,少年を保護処分に付するのが相当と認めるときは,再び事件を家庭裁判所に移送されることもあります(これを55条移送といいます)。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は,刑事事件少年事件専門の法律事務所です。少年事件での逆送を回避したい,懲役刑を回避したい,55条移送を目指したいなどとお考えの方は0120-631-881までお気軽にお電話ください。
(福岡県うきは警察署までの初回接見費用:45,240円)

Copyright(c) 2018 弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所 All Rights Reserved.