東京都葛飾区の学校でいじめで傷害罪 困ったら弁護士に無料法律相談

2018-06-19

東京都葛飾区の学校でいじめで傷害罪 困ったら弁護士に無料法律相談

A君は,同じ学校内のV君に対して複数人でいじめ行為をしていました。
具体的には,V君に対して暴力を振るったり,仲間外れにするような行動です。
V君は,PTSD(心的外傷後ストレス症候群)になってしまい,学校へ行けなくなってしまいました。
V君の親は激怒し,診断書をもって警視庁葛飾警察署被害届を提出しました。
A君は,警察から呼び出しを受けています。
A君の親は,刑事事件少年事件弁護士無料法律相談を申込みました。
(フィクションです)

~ 学校内トラブル~いじめ ~

学校内トラブルは様々です。
先生の生徒に対する体罰,生徒間の人間関係,生徒の学校内での非行などなど。
その中でも,やはり多いのはいじめでしょう。

学校内のいじめにも,一見して目に見える物理的ないじめ(相手を殴る蹴るなど)から,陰湿で外からではわかりにくい精神的ないじめ(近年では,SNSを使って仲間外れにするなど)まで様々です。
物理的ないじめ,つまり,相手を殴るなどして怪我を負わせた場合に,それが傷害罪に当たることは想像に難くないと思います。
では,精神的ないじめの場合はどうでしょうか。

~ 傷害罪(刑法204条) ~

精神的ないじめを行い,被害者をPTSD等の精神疾患に陥らせた場合は,「人の身体を傷害した」として傷害罪に当たる可能性があります。
実際に,最高裁判所は,PTSDを刑法にいう傷害に当たる旨判示しています平成24年7月24日最高裁決定)。

少年事件の場合,仮に警察が立件すると判断した場合,検察庁,家庭裁判所へと事件が移り,調査の結果,少年審判が開かれることがあります
学校内トラブルでお困りの方,その他,お子様が何らかの罪を犯しご不安,ご心配な方は刑事事件少年事件専門の弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士までご相談ください。
0120-631-881で,24時間,無料法律相談初回接見サービス等を受け付けています。
警視庁葛飾警察署 初回接見費用:38,500円)

Copyright(c) 2018 弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所 All Rights Reserved.