東京都大田区の少年事件で試験観察 強姦罪に強い弁護士

2017-01-23

東京都大田区の少年事件で試験観察 強姦罪に強い弁護士

友人を介して知り合ったAくんとVさんは交際していました。
警視庁蒲田警察署強姦罪でAくんを逮捕したとき、被害者としてAくんを告訴したのは、Vさんでした。
Aくんは、家庭裁判所に送られた後、試験観察を受けることになりました。
(フィクションです)

~少年事件の試験観察~

少年事件手続きの過程で試験観察という措置が取られることがあります。
これは、家庭裁判所が行う終局処分を一旦留保し、少年事件を起こした少年の行動を観察するための中間処分です。
その趣旨として、以下の2つがあげられます。

1つは、後に開かれる少年審判に先立つ調査を十分に行わせるためです。
少年審判では、少年の更生にとって最善の処分が下されなければなりません。
そこで必要な情報を得るために、試験観察という処分が用いられます。

もう1つは、試験観察のプロベーション機能を利用するためです。
プロベーションとは、犯罪者に対して矯正施設への収容を猶予し、社会内での指導や援助を加え、その結果次第で矯正施設に収容するという心理強制により改善を図る制度です。
試験観察では、少年が観察期間中に自ら更生に踏み出す効果を期待する側面があります。
もちろん全てのケースでうまくいくとも限らないでしょうが、中には、実際にうまく機能した例もあります。
例えば、少年院送致が確実視されていた少年が、目を見張る変化を遂げて、保護処分(少年院送致などの処分)すら受けなくて済んだという例があります。

少年事件には、成人の刑事事件とは異なる手続きがあり、またその過程が公に公開されることはあまりないため、その内実を知らない方も多いと思います。
そういった方にこそ、ぜひ少年事件を専門とする弁護士を頼っていただきたいと思います。
強姦罪などの重大犯罪の場合には、弁護士が徹底的に少年をサポートしなければ、厳しい処分も有り得るでしょう。
弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所では、無料法律相談初回接見サービスなど、少年を助けるために様々な対応方法を準備しています。
東京都大田区で少年事件・刑事事件に強い弁護士事務所をお探しの方は、ぜひお電話ください(0120‐631‐881)。
警視庁蒲田警察署の初回接見費用についても、上記のお電話でお問い合わせください。

Copyright(c) 2018 弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所 All Rights Reserved.