【東京都の弁護士】練馬区の万引き事件で少年に寄り添いアドバイス

2017-11-07

【東京都の弁護士】練馬区の万引き事件で少年に寄り添いアドバイス

ある日、中学3年生のAは友人らと共に東京都練馬区内のコンビニで万引きをしたことから、警視庁光が丘警察署で取調べを受けることとなりました。
身元引受人として警視庁光が丘警察署に呼び出されたAの母は、Aの将来を心配し、少年事件に強い弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所まで相談に訪れました。
(このストーリーはフィクションです。)

~少年事件と経験豊富な弁護士~

今回のケースでAは万引きをしていることから、窃盗罪が成立します。
通常の刑事事件ですと、窃盗罪で起訴された場合、初犯であれば平均して20万円~30万円の罰金刑が科されるのが一般的です。
しかし、少年事件においては、少年の更生が目的となるため、通常の刑事事件のような刑が科されることはほとんどありません。
今回の事件でも、Aは検察官に送致された後、家庭裁判所に送致され、最終的に審判を受けることになり、その審判で処分が決まることになるでしょう。

もっとも、少年事件といえども、家庭裁判所に送致される前までは通常の刑事事件手続と同様に、警察などの捜査機関による取調べを受けることになります。
このような場合、少年自身の未成熟性によって、少年が捜査官などに委縮してしまい、容易に迎合したり、誘導に乗ったりしてしまうことは少なくありません。
特に在宅の事件では、国選弁護人は付きませんので、何もしなければ、少年は専門家である弁護士から随時的確なアドバイスを受けることが出来ません。
ですので、この傾向が顕著に出てしまうことも想像に難くありません。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士は、少年事件の豊富な経験から、少年一人一人に寄り添い、親身になってアドバイスを行います。
もちろん、必要とあらば取調べに同行することも可能ですし、家庭裁判所に送致された後の付添人としての活動も請け負います。
東京都万引き(窃盗)事件をはじめとする少年事件については、まずは弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所までご連絡ください。
無料相談のご予約やお問い合わせのための電話番号は0120-631-881です。
電話代は無料、24時間ご相談を受け付けております。
(初回の法律相談費用:無料 警視庁光が丘警察署までの初回接見費用:36,800円

Copyright(c) 2018 弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所 All Rights Reserved.