大阪府吹田市でMDMAで逮捕が心配…少年事件に強い弁護士へ

2017-07-06

大阪府吹田市でMDMAで逮捕が心配…少年事件に強い弁護士へ

大阪府吹田市の高校2年生のAくん(17歳)は、高校で勉強と部活の両立に悩んでいました。
そんなAくんはある日、MDMAを常用している友人とパーティに行き、そのパーティの雰囲気に圧倒されていたAくんは、友人に勧められるままにMDMAを使用しました。
MDMAがクセになってしまったAくんは、その後もMDMAを一週間ほど使いましたが、不眠や吐き気など、体調がおかしくなっていることに徐々に気づき始めました。
そんな中、AくんにMDMAを勧めた友人が大阪府吹田警察署逮捕されてしまいました。
(この話はフィクションです)

~MDMA~

MDMAはレクリエーションドラッグとして広まり、現在世界中の若者によって乱用されるようになってしまいました。
MDMAの錠剤は、1つ0.2グラムから0.3グラムほどの小さなもので、着色がされたりロゴマークが施されていあるため、違法ドラッグという認識の薄いまま使用されることが多々あります。
しかし、MDMAの副作用は長期にわたって続くこともあり、不整脈や高体温などの重大な症状を引き起こすこともあり、最悪の場合、死に繋がります。
MDMAの自己使用は、麻薬及び向精神薬取締法で規制されている薬物犯罪です。

~少年事件が起きてしまったら~

少年事件では、いかに少年を更生させるかが重要です。
そのためには、その後の進路や学校への円滑な復帰を確保することなど、環境整備が必要です。
学校と連携して少年の更生に対するサポートを行ったり、学校への通知を避けられるよう活動をしたり、少年事件によって対応は様々です。
少年事件に強い弁護士に相談することで、どの手段を取ることが少年の更生によりよいのか考える手助けを受けることができます。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所では、刑事事件・少年事件を専門に取り扱っております。
大阪府の少年事件でお困りの方は、まずは弊所の無料法律相談をご利用ください。
また、少年が逮捕されている少年事件の場合は、弁護士が留置場に出張する、初回接見サービスも行っております。
無料相談・初回接見どちらも、まずは弊所のフリーダイヤル(0120-631-881)までお問い合わせください。
大阪府吹田警察署までの初回接見費用:3万6,900円

Copyright(c) 2018 弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所 All Rights Reserved.