大阪の窃盗事件で逮捕 少年事件専門の弁護士

2016-09-14

大阪の窃盗事件で逮捕 少年事件専門の弁護士

Aさんは、16歳で大阪府八尾市内のとある高校に通っています。
つい出来心で、Aさんは、八尾市内のスーパーマーケットにおいて、お菓子など数十点を盗んでしまいました。
後日、防犯カメラの映像からAさんが盗んだことが発覚しました。
そこで、Aさんは大阪府八尾警察署の警察官に逮捕されました。
Aさんの両親は、少年事件に強い弁護士事務所の弁護士の下へ相談へ行きました。
(この事例はフィクションです。)

Aさんは逮捕された直後であり、とても精神的・肉体的に不安です。
そこで、逮捕直後、Aさんの弁護士としては初回接見をします。
少年は手続きの流れや内容について正確に把握しておらず、弁護士の立場なども理解していないことがあります。そこで、弁護士としては、丁寧かつ正確に説明します。
また、少年の言い分もしっかりと把握する必要があります。
このように弁護士が少年と接見することで、少年の身体的・精神的負担を軽減することができます。
また、特に逮捕直後において、少年は今後どう対応すればいいかもわからず、とても不安な状況にあると思います。そこで、弁護士が接見することで、今後の取調べにどう対応するかなども説明することができます。

少年は精神的にもまだ成熟していない部分もあり、自分で上手く説明できない場合などもあります。
そこで、少年の弁護士はそのようなことを理解したうえで少年と向き合う必要があります。
弁護士法人あいち刑事事件法律事務所は、刑事事件・少年事件専門であり、少年事件も数多く承ってきました。そのため少年事件に関する経験・知識も豊富にあります。
大阪窃盗罪で逮捕されお困りの方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士までお問合せください。
大阪府八尾警察署での初回接見費用 3万7500円)

Copyright(c) 2018 弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所 All Rights Reserved.