大阪市の窃盗事件 少年事件の特殊性をよく知る弁護士

2015-10-19

大阪市の窃盗事件 少年事件の特殊性をよく知る弁護士

大阪市在住16歳公立高校生Aさんは大阪府警西淀川警察署窃盗罪の容疑で逮捕されました。
同署によればAさんは、同市内の書店でDVD2本を万引きしたとのことです。
Aさんの両親は評判のいい弁護士事務所に相談するため電話をかけました。
(フィクションです)

~少年事件の特殊性~

少年事件は刑事事件の一分野ではありますが、成人の刑事事件の場合と異なる点が多くあります。
今回は、事件を起こしたのが少年であることによる特殊性についてみてみましょう。

1、コミュニケーション能力の未発達
2、法的知識の不足
3、取調べの際の誘導に乗りやすさ
4、環境調整の重要性

1、コミュニケーション能力の未発達について
少年は成人と比べると、理解力、表現力ともに発達途上にあります。
少年の弁護士は少年にとってわかりやすい言葉で理解しやすいよう丁寧に説明していきます。

2、法的知識の不足
少年は成人以上に法的知識に乏しいため、手続きとその意味について説明して、少年の過度な不安を取り除きます。
そして取調べに対する対処法をわかりやすくアドバイスします。

3、取調べの際に誘導に乗りやすい
成人に比べて少年は捜査機関の誘導に乗りやすいと言われています。
少年の弁護士は少年から取調べの様子を聞き取り、誘導によって誤った供述調書が作成されていないか確認します。
不適切な取調べが行われているおそれがある場合、申し入れや異議申し立てをするなどの対応を行なっていきます。

4、環境調整が重要
少年は人格的に発展途上にありますが、その分柔軟なため、適切な教育・処遇によって更正できると言われています。
そして少年を取り巻く環境の調整が、少年の更正にとって大きな影響力を持ちます。
少年の弁護士は少年や保護者、学校、職場への働きかけ、被害者への対応を行い、少年の更正をサポートします。

お子様が窃盗事件を起こしてお困りの方はあいち刑事事件総合法律事務所までご相談下さい。
弊所は刑事事件・少年事件専門の法律事務所であり、多数の少年事件の取り扱いがあります。
初回は無料の無料法律相談や弁護士を警察署に派遣する初回接見サービスの受付を土日祝含め24時間おこなっています。

まずはお気軽にお電話ください。
(大阪府警西淀川警察署 初回接見費用34800円)

Copyright(c) 2018 弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所 All Rights Reserved.