大阪市の窃盗事件 少年の将来を考える弁護士

2015-09-01

大阪市の窃盗事件 少年の将来を考える弁護士

専門学校生のA君はスーパーで菓子を万引きしたとして大阪府警大淀警察署取調べを受けています。
A君は「間違いありません。」と犯行を認めています。

(フィクションです)

~軽微な事件では弁護士は必要ない?~

数百円の商品を万引きしたという軽微な事件にまで弁護士を依頼する必要はないだろうと思うかもしれません。

しかし、少年事件では、軽微な事件であっても「要保護性」が重視されています。
要保護性とは,再非行の可能性が高いことと言えます。
つまりは矯正の可能性が低いということを意味します。

少年事件の場合,軽微な事件であったとしても,軽い処分をすると再び非行をしてしまう可能性が高い(=要保護性が大きい)と判断される場合には,少年院送致等の厳しい処分を受けることもあります。
そのため,軽微な事件であっても、弁護士は、少年が再び非行をしないように少年の保護者との関係の調整や就業先・教育場所の確保など、少年を取り巻く環境を調整する「環境調整」をおこなうことで要保護性を小さくしていきます。

環境調整は、少年が将来再び非行をする可能性を減らし、少年自身の改心を促すという点で、少年の要保護性を解消させ、少年の処分を軽くするために必要なことです。
しかし、処分を軽くするというだけでなく、少年の将来にとっても大変重要な意味を持ちます。

あいち刑事事件総合法律事務所は、軽微な事件の少年事件でも、少年の状況に即した環境調整をおこない、少年の処分を軽くし、少年の将来を考えた活動に尽力してきました。
24時間土日休日も無料法律相談の受付を行っています。
少年が窃盗事件逮捕されてしまっている場合は、弁護士を警察署に派遣する有料サービスも行っています(大阪府警大淀警察署 初回接見費用:3万4700円)。

Copyright(c) 2018 弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所 All Rights Reserved.