愛知県の少年事件 少年に寄りそう弁護士

2015-09-02

愛知県の少年事件 少年に寄りそう弁護士

愛知県警瀬戸警察署は、愛知県瀬戸市内の路上で、面識のある男子学生から時計や現金を脅し取ったとして18歳の少年A君を逮捕しました。
事件の翌日被害者の少年が同署に被害を届け出たことにより事件が発覚しました。
(フィクションです。)

~少年事件の目的~

少年事件刑事事件の一分野ではありますが、刑罰を科すことを目的とする成人の刑事事件とは異なり、少年を保護し、少年の健全な成長・発達を促すことが目的であるという違いがあります。

少年事件の手続きを規律する法律は少年法です。
少年法は、その目的を、「少年の健全な育成を期し、非行のある少年に対して性格の矯正および環境の調整に関する保護処分を行うとともに、少年の刑事事件について特別の措置を講ずること」と規定しています。

非行を犯した少年に対しても、その可能性を信じ、少しでも早く立ち直って健全な成長・発達ができるよう保護処分を行うという保護主義に基づいています。

つまり、少年事件は、少年を保護し、少年の健全な成長・発達を促すためのものなのです。

少年が非行を犯してしまうということは、現在の環境がうまくいっていない少年からのSOSであるともいえます。

少年事件弁護士に期待される役割として、少年の社会復帰を円滑にするために少年を取り巻く様々な環境を調整するという役割があります。
少年を取り巻く様々な環境の調整は、少年と話し合いながら基本的に少年の意向に沿っておこなっていく必要があり、親御さんだけではどうしても難しいところがあります。
また、お子さんが少年事件の当事者になってしまった親御さんの精神的負担は非常に大きいことでしょう。

軽微な事件であっても、少年を取り巻く環境に問題があり、少年のうちに問題が解消されないままであると、大人になってからまた間違いを犯してしまうおそれがあります

親御さんの悩みを和らげて、少年の将来を明るいものとするためには、親御さんだけで悩まず、少年事件を専門とする評判のいい法律事務所に相談することが重要です。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は刑事事件・少年事件専門の法律事務所です。
これまで多数の少年事件を取り扱ってきました。
大切なお子さんが恐喝事件で逮捕されてお困りの方は、あいち刑事事件総合法律事務所にお電話ください。
弁護士を警察署に派遣できる初回接見サービスもおこなっております(愛知県警瀬戸警察署の場合、初回接見費用:3万9600円)。

Copyright(c) 2018 弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所 All Rights Reserved.