大阪駅構内での強制わいせつ事件 釈放の弁護士

2016-01-11

大阪駅構内での強制わいせつ事件 釈放の弁護士

大阪市港区在住10代後半Aさんは、大阪府警曽根崎警察署により強制わいせつの容疑で逮捕されました。
逮捕後、釈放するためにAさん家族は、刑事事件・少年事件を専門とする弁護士事務所で法律相談をしました。
対応してくれた弁護士は、過去に釈放実績多数の有名な弁護士でした。
(今回の事件はフィクションです。)

~少年事件で釈放~

少年事件は成人事件と比べて、少年事件の手続きが短期間に進行する可能性があります。
成人事件であれば逮捕後、10日間の勾留がなされるケースが多く、その後もさらに最大10日間の勾留延長も可能です。
しかし、少年事件では逮捕後、勾留されずに家庭裁判所に送致され、その後審判となる場合があります。
家庭裁判所に送致後、さらなる身体拘束がなされた場合(観護措置決定)、その時点から審判までは通常の事件であれば3週間ほどしかありません。

このため、少年事件では成人と比べて早く事件が進んでしまう可能性があります。
事件が進んでしまった後に、弁護士に依頼してもできることが限られてしまいます。
逮捕されてしまい、釈放をお考えの方は早い段階で少年事件に強い弁護士にご相談ください。

いったん逮捕され身体拘束が続くと簡単には釈放することはできません。
学生の方であれば逮捕・勾留により学校に通うことができません。
また事件のことが学校側に発覚し、退学を余儀なくされる場合もあります。
少年事件でお困りの方は、逮捕・勾留後の釈放の実績のある弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所にお任せください。
少年事件を専門とする弁護士が多数在籍しております。
(大阪府警曽根崎警察署 初回接見料:33900円)

Copyright(c) 2018 弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所 All Rights Reserved.