三重県の少年事件で家庭裁判所送致 逮捕でも評判のいい弁護士

2016-04-06

三重県の少年事件で家庭裁判所送致 逮捕でも評判のいい弁護士

三重県津市内に住む、大学生A(18歳)は、通学途中、電車の中で女性のスカートの中を盗撮してしまった。
そこで、三重県警津警察署は、Aを迷惑防止条例違反逮捕した。
その後、比較的すぐにAの身柄が出されたが、Aの母Bは今後どうなるのかが不安である。
そこで、Bは、盗撮等の少年事件に強く、審判の対応で評判のいい弁護士事務所弁護士に相談へ行った。
(フィクションです)

【審判の対応】

少年事件を起こした場合、少年は家庭裁判所に送られます。
そして、家庭裁判所が、少年について様々な調査をし、結果、審判を開始するのが相当であると認められれば、審判開始決定がなされます。
審判には、付添人たる弁護人が参加することができます。
その際、付添人たる弁護人が適切な対応をすることで、審判での処分が少年にとってより良い結果となったりします。
もし、審判開始決定前から適切な働きかけを家庭裁判所等に行っていれば、審判不開始決定がなされる可能性もでてきます。

もっとも、単に少年に有利な証拠を示すだけが適切な対応とはいえません。
少年審判は、どういう処分をすれば少年の今後によりよいかを考えてなされます。
ですから、処分の大小は、少年の更生の有無が重要になってくるのです。
付添人たる弁護士はその少年の更生が導ける、更生できる環境を整えてあげるということも適切な対応の一つなのです。

あいち刑事事件総合法律事務所は少年事件専門であり、数々の審判を経験しました。
少年事件を起こした少年が、事件を悔い、立派に更生したため、不処分となった例も多々あります。
三重県の少年事件で審判についてお悩みの方は、あいち刑事事件総合法律事務所弁護士までご相談ください。
(三重県警津警察署 初回接見費用:4万2700円)

Copyright(c) 2018 弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所 All Rights Reserved.