京都市内の高校での強姦事件で逮捕 示談の弁護士

2016-01-21

京都市内の高校での強姦事件で逮捕 示談の弁護士

京都府京都市在住10代男性学生Aさんは、京都府警下京警察署により強姦の容疑で逮捕されました。
示談交渉により、釈放される可能性が高まるとわかったAさん家族は、すぐに示談に動いてくれる法律事務所を探しました。
素早く示談交渉に動く弁護士は、刑事事件・少年事件を専門とする法律事務所所属でした。
(フィクションです。)

~要保護性とは~

要保護性とは、一般的に、少年が将来的に再非行に至る可能性をいいます。
少年事件においては、非行事実が軽微であっても、要保護性が高い場合には、少年院送致などの重い処分が下される可能性があります。
ですので、少年事件の弁護活動においては、要保護性を解消するための活動が重要となっていきます。
後述するように、少年事件では少年の要保護性を解消する活動の一つとして被害者などとの示談交渉が重要となります。

~少年事件と示談~

少年事件においても、成人事件と同様に被害者の方との示談は非常に重要となります。
弁護士を通じて示談が成立しているか否かの違いは、少年審判の結果に影響してきます。
例えば、被害者の方へ謝罪・被害弁償を含めた示談は、その過程で、被害者の心情を少年に考えさせ、少年の内省を深めることができます。
そのため、示談交渉の際に伝えられた被害者の言葉や心境を少年に上手くフィードバックすることが大切です。
弁護士の示談交渉などを通じて、少年の反省する機会を作り出し、再非行に至らない状況を作ることが、少年の要保護性の減少につながる事情となります。

少年事件・強姦事件でお困りの方は、示談交渉の経験豊富な弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所にお任せください。
逮捕・勾留後、示談交渉などといった弁護活動には、スピーディーに対応させていただきます。
また、無料法律相談初回接見サービスも実施しておりますので、HPをご覧ください。
(京都府警下京警察署 初回接見料:39920円)

Copyright(c) 2018 弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所 All Rights Reserved.