神戸の少年事件で逮捕 集団暴行事件で示談交渉をする弁護士

2016-05-06

神戸の少年事件で逮捕 集団暴行事件で示談交渉をする弁護士

~集団暴行事件が少年事件として処理される場合~

少年が集団暴行事件を起こした場合、少年の非行傾向が進んでいるという判断をされれば、少年院送致となるケースが考えられるところです。
しかし、付添人である弁護士の活動により、少年の更生に向けての環境整備が整い、落ち着いた生活を取り戻すことができれば、保護観察処分という形に落ち着かせることも十分に考えられます。

ただし、真に更生の途を歩んでもらうためには、加害者となった少年に対して一方的に話を進めるのは、得策ではありません。
弁護士として少年と話をするときも、一定の理解を示しつつ、集団暴行事件の当事者となった人物らとの交友関係について、
・少年が仲間内でどのような立場にあったのか
・力関係はどうなっているのか
というところから、少年の動向や話につぶさに耳を傾けるように注意しています。

~集団暴行事件で示談交渉を進める~

集団暴行事件の場合は、必ず被害者が存在します。
事件を解決に導くためには、加害者である少年について更生の道筋をつけることも重要です。
しかし、その一方で被害者に対するケアも忘れてはいけないと思います。
弁護士が加害少年側から事件を任された場合、示談交渉等を通じて被害者のケアにも努めます。

示談の効果は、示談交渉の結果により様々です。
示談のうちでも効果の強いものですと、被害届の取下げなどというものもあり、処罰の必要性が大きく減少したことを示すことができます。
上記のように、ひったくり事件にとっては第三者である弁護士が、加害者に代わって被害者と交渉を行うことで、被害者の側も冷静に話を聞いてくれるようになります。
特に、少年事件に強い弁護士が示談交渉を担当すれば、手掛けた多くの事件の教訓を糧に、より有利な条件での示談が可能となり得ます。

あいち刑事事件総合法律事務所は、少年事件も専門にしている弁護士事務所です。
少年同士のちょっとした諍いが、重大な少年事件に発展してしまうこともあります。
お困りの方は、集団暴行事件でも安心して任せられる弊所の弁護士にご相談ください。
(兵庫県警宝塚警察署の初回接見費用:3万9100円)

Copyright(c) 2018 弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所 All Rights Reserved.