弁護士に聞きたい少年事件 東京都荒川区で逮捕なら法律事務所へ

2017-02-16

弁護士に聞きたい少年事件 東京都荒川区で逮捕なら法律事務所へ

Aくんの同級生が警視庁荒川警察署逮捕されたのは、先週の水曜日でした。
Aくんの同級生が逮捕されるのは、これで3回目です。
Aくんは、ある法律事務所のホームページを閲覧し、未成年者によって引き起こされた刑事事件は、少年事件として処理されるということを知りました。
しかし、Aくんは、どうして同級生の子が次々と刑事事件(少年事件)を起こしてしまうのか、理解できませんでした。
(フィクションです)

~少年たちは、なぜ犯罪をするのか?~

なぜ未成年の少年たちは、犯罪をしてしまうのでしょうか。
厳しい境遇でも、犯罪に関わらず生きている子は存在します。
一方で、何不自由なく生きているように思える子が、世間を震撼させる少年事件を起こしてしまうこともあります。
その要因をいくつか考えてみましょう。

まず、要因の1つとしてあげられるのは、コミュニケーション不足です。
少年事件に関わる子供で「親に愛されていない」と供述する子は、相当数いますが、その親は、親なりに子を愛し、心配もしていることが多いです。
事件後も子を見捨てることなく、面会をしたり差し入れをしたりする親は、珍しくありません。
親子のコミュニケーションが十分に取れていなかったことで齟齬が生じ、事件の引き金を引いてしまったというケースが考えられます。

次に、少年らの心理的傾向が挙げられます。
子供に限ったことでもないかもしれませんが、特に子供たちは、大人数になるほど犯罪に走りやすくなるという傾向が指摘されています。
集団心理から法律を守ろうという意識が低くなってしまうのかもしれません。

他にも少年事件が発生する要因は、数多くあると思います。
その要因は、様々で、かつ大人よりも多いと言えるかもしれません。
ですが、少年事件を起こしてしまった子供たちも、実は純粋な心を持っています。
自分を大切にしてくれる人を困らせてはいけないという思いは、必ず持っているものです。
少年事件を解決したり、少年事件を防止したりするためには、本来的に子供たちが持っている思いに問いかけることが大切です。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所では、少年事件に強い弁護士無料法律相談に対応します。
大切なお子様が犯罪に関わってしまったという場合、すぐに法律事務所を探す方は多いと思います。
少年事件で法律事務所を探すなら、ぜひ弊所にご連絡ください(0120‐631‐881)。
少年事件を専門としている法律事務所は、全国的に見ても多くありません。
警視庁荒川警察署までの初回接見費用についてもご案内していますので、お困りの方は一度、お電話してみませんか。

Copyright(c) 2018 弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所 All Rights Reserved.