大阪府高槻市の少年事件で逮捕 少年鑑別所送致の回避を目指す弁護士

2018-05-06

大阪府高槻市の少年事件で逮捕 少年鑑別所送致の回避を目指す弁護士

大阪府高槻市在住のAさん(16歳)は,コンビニで万引きをした件で,大阪府高槻警察署窃盗罪で逮捕されました。
捜査の結果,A子さんの事件は家庭裁判所へ送られることになりました。
A子さんの両親は不安になり,少年事件に強い弁護士に相談しました。
(フィクションです。)

~少年鑑別所とは~

よく,ご相談の際に「少年鑑別所と少年院との違いは何ですか?」というご質問を伺うことがありますが,少年鑑別所少年院とは全く性質の異なる施設です。
少年院とは,少年院送致という「保護処分が出た後」に収容される施設で,少年に対する矯正教育を目的としています。

他方,少年鑑別所とは,「保護処分が出る前」に収容される施設で,少年審判に向けて,少年の資質や性格などの調査を行うことを目的しています。
調査の結果は,「鑑別結果通知書」として家庭裁判所に送られ,少年審判にも活用されます。

~少年鑑別所送致を回避するには~

少年鑑別所に身柄を送致されてしまうと,通常4週間,最長で8週間,身柄を拘束されます。
そうすると,定期テストを受けられず,学校を欠席した結果,学校を辞めざるを得なくなるかもしれません

そうした不利益を回避するにも,早めに弁護士に相談することをお勧めします。
少年鑑別所に身柄を送致するには,家庭裁判所が観護措置決定を出さなければなりません。
したがって,まず,その決定が出る前に,裁判所に対し,観護措置を取る必要がないことを主張していかなければなりません。

もちろん,観護措置決定が出た後でも決定に対する異議申し立てにより,観護措置決定を取り消し,少年鑑別所から身柄を解放することは可能です。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は刑事事件少年事件専門の弁護士事務所のため,少年事件にも豊富な経験があります。
お子様が突然逮捕されてしまいお困りの方,少年鑑別所への送致を回避したいなどとお考えの方は,ぜひ一度,弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所にご相談ください。
大阪府高槻警察署への初回接見費用:37,100円)

Copyright(c) 2018 弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所 All Rights Reserved.