名古屋の少年事件に強い弁護士!窃盗事件の取調べを受ける前に相談

2017-10-06

名古屋の少年事件に強い弁護士!窃盗事件の取調べを受ける前に相談

愛知県名古屋市に住む未成年のAは、コンビニでの万引き行為について、窃盗罪の容疑で、愛知県千種警察署での取調べを受けた。
Aは、その日のうちに帰宅することはできたが、また警察署に取調べに来るように言われている。
Aは、少年事件に強い弁護士に、今後の取調べ対応について相談することにした。
(フィクションです)

~少年への警察取調べ~

警察の取調べで話したことは、自分自身が話したこととして、警察官が作成する供述調書に記録されます。
この供述調書は、逮捕前に作成されたものも証拠として扱われます。
供述調書は、仮に少年審判や刑事裁判になった場合、少年の保護処分や事件の有罪・無罪を、裁判官が判断する際の判断材料となります。

一般に少年は、成人に比べて精神的に未熟であり、警察官から取調べを受けた場合に、警察官の意見に迎合してしまうおそれがあります。
被疑者には、黙秘権等の権利がありますが、警察で丁寧に説明してもらえるとは限りません。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士は、少年事件も多数取り扱っており、これまでも少年に対して取調べ対応のアドバイスを行ってまいりました。
取調べ対応のアドバイスというのは、「不利なことを話すな、警察官の質問にはこう答えろ」というものではありません。
警察での取調べについて、被疑者の権利について、少年が正しく理解することで、少年が話したいことを話せるように、弁護士によるアドバイスをいたします。
弁護士が少年に助言をすることで、少年の意に反した供述調書が作成されることを防止し、冤罪を防止するとともに、少年への適切な処遇がなされることが期待されます。
少年への取調べでお困りの方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所までご相談ください。
(愛知県千種警察署までの初回接見費用 35,200円)

Copyright(c) 2015 弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所 All Rights Reserved.