(逮捕)奈良県内の万引き事件 心強い弁護士の無料法律相談

2016-12-26

(逮捕)奈良県内の万引き事件 心強い弁護士の無料法律相談

Aさんは深夜、近所のコンビニで万引きをしてしまった。
そのまま店を出ようとしたが、店長であるVさんに呼び止められた。
VさんはAさんが以前にも万引きをして注意をしたにもかかわらず再び万引きをしてしまったこともあり、奈良県警桜井警察署に通報した。
Aさんは駆け付けた警察官に現行犯逮捕された。
Aさんの家族であるBさんはそのことを聞き、深夜でも無料法律相談の予約を受け付けている少年事件に強い弁護士事務所に電話した。
(フィクションです。)

~身柄拘束されている場合~

上記の例で、Aさんは万引きをして現行犯逮捕されています。
身柄拘束は被疑者やその家族の日常生活に支障をきたす可能性が高く、また精神的な負担も大きいです。
刑事事件の内容によって、逮捕などの身柄拘束がやむを得ないということもあるでしょうが、被疑者らの利益を考えれば、できる限り避けたいものです。

なお、逮捕・勾留などの身柄拘束は被疑者の逃亡、証拠隠滅を防ぐための制度です。
逃亡、証拠隠滅のおそれがないにもかかわらず被疑者を身柄拘束することは違法です。
このような場合、少年事件に精通した弁護士の弁護活動によって依頼者の釈放を目指す事も考えられます。

~深夜でも無料相談・初回接見の予約ができます~

あいち刑事事件総合法律事務所には、少年事件・刑事事件に強い弁護士が多数在籍しております。
身内が万引き事件で急に逮捕された場合、家族の方はパニックになってしまうでしょう。
弊所の無料法律相談をご利用いただければ、家族の方の不安もいくらかはやわらぐでしょう。
弊所の初回接見サービスをご利用いただければ、弁護士から身柄拘束中で不安な被疑者の方に家族の伝言を伝えることができます。
加えて、家族にも被疑者本人にも今後の刑事手続きの流れやその対処などを説明してもらうこともできます。
奈良県内の万引き事件などで急な逮捕にお困りの方はぜひあいち刑事事件総合法律事務所にご連絡ください。
(奈良県警桜井警察署までの初回接見費用:3万8900円)

Copyright(c) 2018 弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所 All Rights Reserved.