(逮捕)京都府で少年事件 違法な取調べに抗議の弁護士

2016-12-06

(逮捕)京都府で少年事件 違法な取調べに抗議の弁護士

少年Aは、事件を起こし京都府警綾部警察署逮捕されてしまいました。
Aの父親は、すぐに少年事件に強い弁護士に依頼をしました。
弁護士がAと面会したところ、「取調べで警察官が大声を出して怖い。」とのことでした。
弁護士は、すぐに抗議書をその警察官に提出しました。
(フィクションです。)

取調べの際、警察官が机をたたいたり、大声で怒鳴るなどして、高圧的な取調べが行われることがあります。
このような取調べは、違法・不当な取調べです。
弁護士がついていれば、すぐに抗議書を提出し、適切な取調べが行われるよう対処することができます。
もし、そういった対処がなさなければ、警察官に迎合していまい、意に反した調書が作成される可能性が高くなります。
意に反した調書が裁判官の目に触れれば、その誤った事実を基に判決が下されることになってしまいます。

また、弁護士は警察官に抗議するだけでなく、接見(面会)で粘り強く少年にも取調べをアドバイスします。
・取調べの際に答えたくない質問は答えなくてよいこと(黙秘権)
・供述調書が自分の意に反する場合には署名に応じなくてもよいこと(署名押印拒否権)
・訂正を求めることができること(訂正申立権)
など、少年でも分かるよう、かみ砕いて説明します。

あいち刑事事件総合法律事務所では、少年事件の実績を多く持つ弁護士が取調べ対応を指示します。
少年の心理を理解し、信頼を構築しながら、事件解決を目指します。
少年事件でお困りの方は、あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士にご相談ください。
(京都府警綾部警察署の初回接見費用:4万6240円)

Copyright(c) 2018 弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所 All Rights Reserved.