少年院回避なら弁護士に相談~東京都目黒区の万引き事件にも対応

2017-06-20

少年院回避なら弁護士に相談~東京都目黒区の万引き事件にも対応

未成年のAさんは、東京都目黒区万引きを繰り返し、警視庁目黒警察署の警察官に、窃盗罪の容疑で逮捕されてしまいました。
Aさんの親は、万引きでも少年院に行くことがあると聞きいて心配になり、少年事件に強い刑事事件専門の弁護士がいるという法律事務所に相談することにしました。
(フィクションです)

~少年院回避のためには~

少年事件において適用される少年法では、少年を懲らしめることが目的ではなく、少年を更生させることが目的とされています。
しかし、だからといって、少年法が少年に甘いというわけではありません。
成人であれば執行猶予がつくような事件でも、少年事件の場合、少年院送致が少年の更生のために必要と判断されれば、少年院送致になることもあります。
そのため、上記事例のような万引き事件でも、少年院へ行くことになる可能性があるのです。

弊所に寄せられるご相談の中にも、「子どもを少年院に入れたくない」というご相談が多数あります。
少年院送致を回避するためには、少年院に入れずとも、社会内で少年の更生が可能であるということを証明しなければなりません。
そのためには、少年本人の努力はもちろん、親御さん等周りの方のご協力も必要です。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士は、刑事事件・少年事件専門の強みを生かし、少年の更生の力になれるよう、活動します。
少年事件でお困りの方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士まで、ご相談ください。
初回無料法律相談のご予約や、警視庁目黒警察署までの初回接見費用のお問い合わせは、0120-631-881で、24時間いつでも受け付けています。

Copyright(c) 2018 弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所 All Rights Reserved.