滋賀の少年事件で逮捕 恐喝事件で弁護士

2016-02-15

滋賀の少年事件で逮捕 恐喝事件で弁護士

Aくん(18歳)は、恐喝の容疑で滋賀県警大津警察署逮捕されました。
被害額は、3000円ということです。
もっとも、Aくんは恐喝事件の常習犯で、今回で5回目の検挙です。
(フィクションです)

~少年事件の非常識~

・軽微な事件なら、弁護士は必要ない。
そんなことはありません。
少年事件では、少年の更生を第一に考えます。
そのため、事件が軽微だったとしても、加害少年に対する矯正教育が必要だと判断されれば、重い保護処分が下される可能性もあります。
例えば、上記のAくんは、被害額3000円の恐喝事件を起こしていますが、事件としては軽微と言えます。
しかし、恐喝事件の常習という点を考えるとどうでしょう。

・少年は保護者の同意がないと弁護士を付けられない。
そんなことはありません。
弁護士を付添人として選任する権利は、少年自身にも認められているからです。
あくまで一般論ですが、保護者が弁護士の選任に消極的な場合にこそ、少年にとって弁護士の必要性が高い傾向があります。
弁護士としては、助けを必要とする少年のためにできる限り力になりたいと思っています。
弁護士を必要とする少年の方は、ぜひご相談ください。

あいち刑事事件総合法律事務所は、日本でも数少ない刑事事件・少年事件専門の弁護士事務所です。
所属する弁護士少年事件に力を入れている者が多いという特色があります。
少年事件でお困りの場合は、ぜひお電話ください(0120-631-881)
(滋賀県警大津警察署の初回接見費用:3万9800円)

Copyright(c) 2018 弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所 All Rights Reserved.