大阪府の恐喝事件で少年院送致 法律事務所の弁護士

2015-10-26

大阪府の恐喝事件で少年院送致 法律事務所の弁護士

大阪府東淀川市在住の10代無職のAさんは、大阪府警東淀川警察署恐喝の容疑で逮捕されました。
大阪府警東淀川警察署によれば、Aさんは、東淀川区内のコンビニで20代男性会社員から5万円を脅し取ったということです。
逮捕の知らせを受けたAさんの父親は、恐喝事件に強いという法律事務所で無料法律相談を受けることにしました。

この事件はフィクションです。

~少年院送致について~

少年事件の場合、家庭裁判所が犯罪を行った少年に対してする処分の一つとして少年院送致があります。
少年院送致がなされた少年は、最長2年間、少年院の中で生活することを強制されます。
そのため、少年院送致された少年は、学校や職場に行けず、社会生活から隔離されます。
そして、拘束期間が長引けば、退学処分や解雇のおそれもあり、社会生活に戻ることが難しくなることが予想されます。
とはいうものの、こうした点は少年院送致に関する基礎知識にすぎません。
より詳しいことは、少年事件専門あいち刑事事件総合法律事務所弁護士にご相談下さい。

~少年院に入らないために~

少年院送致されない方法として、
①処分するかどうか決める審判の不開始の決定を得る
②不処分を得る
③保護観察など少年院送致以外の処分を得ること
が考えられます。

①から③のことを実現するためには、非行の事実がないことやその事実が軽いこと、または再び非行に走る危険性がないことなどを主張する必要があります。
これらの主張を説得的にするためには、弁護士と協力してにあらかじめ少年が更生できるような環境を整えるなどの準備が大切になります。
少年による恐喝事件の場合は、少年事件を専門とする弁護士が所属しているあいち刑事事件総合法律事務所までご相談ください。
弊所は少年事件を多数取り扱っている弁護士事務所ですので、安心してお任せいただけます。
なお、初回の相談はどの弁護士でも無料で承っております。
(大阪府警東淀川警察署 初回接見費用:3万7200円)

Copyright(c) 2018 弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所 All Rights Reserved.