京都市の少年による窃盗事件で弁護士 逮捕から更生させる法律事務所

2017-01-03

京都市の少年による窃盗事件で弁護士 逮捕から更生させる法律事務所

少年Aがバイクの窃盗事件京都府警伏見警察署の警察官に逮捕されました。
少年Aの父親が、刑事事件・少年事件のみ扱う法律事務所弁護士に相談することにしました。
依頼することになった弁護士が少年Aに面会に行くと、投げやりな態度になっていました。
弁護士は辛抱強く少年Aにアドバイスしました。
(フィクションです。)

窃盗事件などで逮捕された少年は、さまざまな理由から、自分の主張をはっきり示し、貫くことが難しくなります。
取調べで警察官から厳しい追及を受けたとき、弁護士の存在が大きな支えになることはよくあります。
少年の心理に精通した弁護士が少年を安心させ、味方になってあげることで少年の虚偽の自白を防ぎ、真の更生につなげることができます。
反省すべき点は反省するべきですが、謂れもない犯罪事実まで認めさせられてしまうことがあってはなりません。

少年事件を専門とする弁護士は、その経験から、少年に寄り添う術を多様に備えています。
少年に寄り添いながら、被害者に謝罪し、被害弁償や被害者との示談を進めていきます。
家族の理解と協力を得ながら、少年の環境を整えるお手伝いもしっかり行っていきます。
もし信じられなければ、信じられるまで、疑問や質問をぶつけてください。
更生への道筋が見えるはずです。

あいち刑事事件総合法律事務所では、刑事事件・少年事件のみ扱う法律事務所です。
少年による窃盗事件の実績も多くございます。
まずは、少年事件の弊所の弁護士にご相談ください。
24時間無料相談の予約お電話をかけていただけます。
(京都府警伏見警察署の初回接見費用:3万6800円)

Copyright(c) 2018 弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所 All Rights Reserved.