神戸の痴漢事件 退学させない弁護士

2015-12-07

神戸の痴漢事件 退学させない弁護士

痴漢事件の被疑者(容疑者)となるのは、何も成人ばかりではありません。
いまだ未成年の若者が痴漢事件で逮捕されたという法律相談が後を絶ちません。
大学生や高校生が痴漢事件を起こし逮捕されてしまった場合、退学処分になるおそれがあります。
退学処分を阻止するためにとにかく先手先手のスピード対応が要求されます。
どうしたらいいのか分からないなら、まずは弁護士事務所にご相談下さい。

まず初めに出来る限り、通っている学校に痴漢事件のことを知られないように注意することが必要です。
・逮捕された事実が報道されないよう、マスコミ対応をする
・早期に被害者への謝罪と示談交渉を行い、事件化を防ぐ
・早期釈放により、できるだけ早く学校に復帰する
など、逮捕の初期段階からなすべきことは、たくさんあります。

弁護士による対応が遅れをとった場合、それを覆すのは容易ではありません。
実際の法律相談でも「もっと早く相談しておけばよかった」という声は多く聞かれます。
少年事件への対応は、お子様の人生を大きく左右します。
後悔する前に、少年事件に強い弁護士にご相談下さい。

やむをえず学校に知られてしまった場合は、弁護士が学校にAさんに少しでも有利な事情を伝え、退学処分をしないようかけ合うこともできます。
痴漢事件で未成年の子供が逮捕されてしまったら、少年事件専門のあいち刑事事件総合法律事務所弁護士にお任せ下さい。
(兵庫県警須磨警察署の初回接見費用:3万8900円)

Copyright(c) 2018 弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所 All Rights Reserved.