愛知県警中村警察署に逮捕 少年鑑別所の弁護士

2015-08-24

愛知県警中村警察署に逮捕 少年鑑別所の弁護士

名古屋市中村区在住の10代学生のAさんは、窃盗罪の容疑で愛知県警中村警察署に逮捕されました。
同署によれば、Aさんは、他の少年と共に、中村区のコインパーキングに駐車されていた他人の車を盗んだそうです。
来週中には観護措置決定がなされ、少年鑑別所に収容される見通しです。
(フィクションです)

~少年鑑別所より解放されるには~

少年が罪を犯して逮捕されると、家庭裁判所に送られた後、少年に対して観護措置決定がなされることがあります。
観護措置決定がなされると、少年は少年鑑別所に収容され、事件によっては、最長8週間、その身柄を拘束されます。

この観護措置決定がなされた後でも、少年を少年鑑別所から出す方法があります。
一つ目は、「観護措置取消申立て」によって、観護措置決定を取り消してもらうことです。
二つ目は、「観護措置決定に対する異議申立て」によって、この決定に対しする異議を認めてもらうことです。

もっとも、これらの申立てをしたからと言って、必ず少年鑑別所から出してもらえるわけではありません。
観護措置決定の取消しやこの決定に対する異議を認めてもらうには、以下の2点を主張することがポイントになってきます。
1点目は、観護措置をする必要性がない点です。
例えば、逃亡したり、証拠隠滅したりする恐れがないなど、身柄を拘束する必要性がないことを主張します。

2点目は、観護措置による弊害があるです。
例えば身柄拘束を継続することによって、学校の留年、退学、職場の解雇、家族関係の崩壊などが生じるおそれがあることを主張します。
非行が比較的軽く前歴もなく、身柄拘束により、学校で処分される可能性があるケースでは、取消しや異議が認められる可能性は高いです。
そして、弁護士に依頼し効率的かつ説得的な主張をしてもらう方が、観護措置決定の取消しや異議を認めてもらいやすくなる可能性が高いです。

お子様が窃盗罪の容疑で少年鑑別所に収容されてお困りのかたは、評判のいい弁護士が所属するあいち刑事事件総合事務所までご相談ください。
また当事務所では、逮捕された方のために初回接見サービスを行っております。
愛知県警中村警察署に初回接見へ行く場合、初回接見費用は3万3100円になります。

Copyright(c) 2018 弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所 All Rights Reserved.