愛知県豊橋市の傷害事件なら…少年事件の被害者対応に強い弁護士

2017-11-19

愛知県豊橋市の傷害事件なら…少年事件の被害者対応に強い弁護士

Aは、愛知県豊橋市内の高校に通う高校生である。
ある日、ケンカで相手Vを一方的に殴ったという傷害罪の容疑で、Aは愛知県豊橋警察署に連行されてしまった。
取調べでは、殴った自分も悪いが、ケンカをうってきたVの方がもっと悪いとAが供述していることが分かった。
幸いにも逮捕されることはなかったAは、自身の両親と一緒に、今後自分はどうなってしまうのか、弁護士に相談をしに行くことにした。
(フィクションです。)

~少年事件の被害者対応~

今回、少年であるAは、Vに対する傷害罪の疑いで愛知県豊橋警察署から捜査を受けています。
傷害罪が成立するためには、暴行する意図があれば足り、今回のAのように、けがをさせるつもりはなく軽い気持ちで人に暴力をふるってしまった結果、けがをさせてしまったような場合でも、傷害罪が成立することになります。

少年による暴行・傷害事件においても、弁護士を介して迅速に、被害弁償などによる示談をすることは、弁護士による重要な付添人活動の1つになります。
もっとも、成人の刑事事件と異なり、少年事件の場合では、示談などによる被害弁償は要保護性の1要素としてしか判断されませんので、必ずしも少年に下される処分の内容に直接反映されるとは限らない点に注意が必要です。
確かに、近年の被害者保護が重視される中で示談などの被害者対応は重要ではあるものの、たとえば少年が自らの非行に向き合うことができず、内省が深まらない状況のままでは、いくら相応の弁償金を支払ったとしても、その被害弁償は要保護性を減じる材料にはなりません。
ですので、少年事件においては形だけの被害弁償を急ぐよりも、まずは少年自身に内省を深めてもらう必要があります。
このような活動については、少年事件付添人活動に経験豊富で、少年にも多く接した経験のある、刑事事件・少年事件に強い弁護士にご相談されることをお勧めします。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士は刑事事件・少年事件専門であり、少年事件についての刑事弁護活動も多数承っております。
少年事件の被害者対応についてお困りの方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士までご相談ください。
愛知県豊橋警察署への初回接見費用:40,860円

Copyright(c) 2018 弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所 All Rights Reserved.