愛知の少年事件 弁護士の必要性

2015-08-30

愛知の少年事件 弁護士の必要性

~弁護士の必要性~

今回は、少年事件における弁護士必要性について考えてみたいと思います。
多くの方は少年・少女が逮捕されてしまってから、初めて弁護士必要性を感じることだろうと思います。
しかし、弁護士必要性は、少年・少女が逮捕されていない場合の方が高いかもしれません。
なぜなら、在宅事件の場合に警察の強引な取調べが行われることも少なくないからです。
在宅事件には比較的軽微な事件が多いわけですが、それゆえ警察官が簡単に処理しようとするのでしょうか。

高圧的な取調べや誘導的な取調べは、虚偽の自白につながります。
それゆえ、捜査機関による違法な取調べは、多くの冤罪事件のきっかけになっているのです。
警察に逮捕されていない場合でも、警察に出頭する前に一度は、弁護士と話をしておく必要性を強調しておきたいと思います。

少年・少女の未来を守るためには、早期に適切な弁護活動を受けることが重要です。
取り返しのつかない状況になってから法律相談してもどうにもならないことがあります。

あいち刑事事件総合法律事務所は、刑事事件・少年事件専門の弁護士事務所です。
弁護士の必要性を少しでも感じたら、すぐにご連絡ください(0120-631-881)。
評判のいい弁護士が少年・少女の更生に向けて、ベストな対応をご提案します。
なお、警察に逮捕されてしまった場合でも、弁護士を警察署に派遣できますのでご安心ください。
愛知県警中警察署に派遣する場合、費用は3万5500円になります。

Copyright(c) 2018 弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所 All Rights Reserved.