少年事件からの更生には弁護士!三重県桑名市の傷害事件なら

2017-09-30

少年事件からの更生には弁護士!三重県桑名市の傷害事件なら

A(未成年)は、三重県桑名市傷害事件を起こし、三重県桑名警察署逮捕された。
Aの両親は、最近Aが何を考えているのか分からなくなり、怖くなったこともあってAを避けていたが、これを機にきちんとAと向き合おうと考えた。
Aの両親は、今後の更生についても詳しく聞いてみようと、少年事件に強い刑事事件専門の法律事務所に相談することにした。
(フィクションです)

~少年の更生~

「20歳以上の成人」に対する刑事裁判で科される刑事罰は、被疑者・被告人を罰することを目的の一つにしています。

しかし、「20歳未満の少年」が犯罪をした場合、原則として刑事裁判を行うことはありません。
少年に対しては、家庭裁判所が少年審判を行います。
少年審判の目的は、少年を罰することではなく、少年の更生です。

「少年法は少年に甘い」「少年法は少年を守るだけ」等と言われることがありますが、必ずしもそうとは限りません。
成人であれば、不起訴処分になるような、被害の小さな犯罪であっても、少年の場合は少年院送致になることもあるからです。
犯罪の被害が小さくても、少年の周囲環境に問題がある場合、そのまま少年を元の生活に戻してしまったのでは、再犯のおそれがあります。
少年事件では、犯罪の原因が交友関係や家庭環境にあるのであれば、これらを改善しなければいけません。
それゆえに、小さな事件であっても、少年事件は原則として全てが家庭裁判所に送られ、更生のための調査や審判がなされるのです。

少年事件における弁護士の役割は、通常の弁護活動だけでなく、少年の周囲環境を整えることも含まれます。
弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士は、少年事件も多数取り扱っており、ご両親が少年と向き合い、更生のための環境を築くお手伝いをいたします。
お子さんが少年事件を起こしてしまってお困りの方や、少年事件からの更生についてお悩みの方は、まずは0120-631-881までお問い合わせください。
(三重県桑名警察署への初回接見 40,500円)

Copyright(c) 2015 弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所 All Rights Reserved.