東京都足立区の少年事件で逮捕 クレジットカード詐欺に強い弁護士

2017-04-29

東京都足立区の少年事件で逮捕 クレジットカード詐欺に強い弁護士

東京都足立区の高校に通っている学生のAさんは、道端でクレジットカードが落ちているのを見つけ、これを用いて、洋服店で、以前から欲しいと思っていた洋服を購入しました。
後日、Aさんは、他人のクレジットカードを使用した詐欺罪の容疑で警視庁西新井警察署逮捕されてしまいました。
(フィクションです。)

~クレジットカード詐欺~

他人のクレジットカードを使用し、店員を騙して商品を購入すると詐欺罪が成立します。
今日では、レジ付近に防犯カメラが付いている店舗が多いことから、防犯カメラの映像から犯人が特定されることも少なくありません。

クレジットカードを用いて詐欺をしてしまった場合、まずは、被害者への謝罪や被害弁償をすることが重要となるでしょう。
クレジットカードの場合、大抵のは盗難被害のための保険に入っているので、被害者自身の口座から引き落とされたとしても、返金される可能性がありますが、
だからといって、他人の商品を使って商品を購入している以上は被害の弁償は免れません。
クレジットカード詐欺の場合、お店側にも、本人の物か確かめる義務はありますが、その義務を怠ったからといって詐欺罪が成立しないということには通常なりません。

詐欺事件には被害者の方がいらっしゃいますから、被害者の方へ謝罪することは重要なポイントとなりますが、加害者に警察が被害者の住所や氏名を教えてくれない、ということはよくあることです。
警察も、勝手に個人情報を教えるわけにはいきませんし、被害者の方の中には、加害者に情報を教えることは怖くてできない、という方も多くいらっしゃるからです。
しかし、第三者である弁護士が間に入ることで、被害者の承諾が得やすくなる可能性は高まります。
被害者とコンタクトを取れるようになれば、被害者への謝罪や被害弁償を行える可能性も、刑も軽くなる可能性も、同時に高まります。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所では、弁護士による初回無料法律相談のご予約を24時間いつでも受け付けています(0120-631-881)。
クレジットカード使用の詐欺事件でお困りの方は、まずは弊所の弁護士まで、ご相談ください。
弊所は、刑事事件・少年事件専門の法律事務所ですから、少年事件についても多数の実績があります。
警視庁西新井警察署までの初回接見費用についても、上記のフリーダイヤルにて、ご案内します。

Copyright(c) 2015 弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所 All Rights Reserved.