少年事件・少年犯罪の料金表

少年事件・少年犯罪の弁護士費用

愛知名古屋弁護士弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の料金はシンプル、明朗会計なので安心してご相談ください。 

弁護士費用についてのご説明

1 ご契約前の活動費用

相談料
少年事件・少年犯罪の法律相談にかかる費用です。
少年事件・少年犯罪の初回相談料は全て無料です。
 
初回接見・付添サービス料金
弁護士が出張して、少年事件・少年犯罪の加害者・容疑者と、警察の留置場などで面会(接見)をしたり、出頭や取調べに同行して法的なアドバイスをするための費用です。
 

2 ご契約時またはご契約後の活動費用

着手金
少年事件・少年犯罪管理のための費用です。
弁護活動の成功・不成功に関係なく、ご契約時に発生します。
 
報酬金
少年事件・少年犯罪の弁護活動の成果に対する報酬です。
契約で定めた成果が生じた場合にお支払いいただきます。
 
実費・日当
実費は、交通費、郵便代、記録コピー代など少年事件処理に要した費用のことです。
日当は、弁護士が出張する場合の費用です。
どちらも、費用発生の根拠となる行為をした時にお支払いいただきます。
 
顧問料
捜査機関に発覚していない可能性のある少年事件・少年犯罪に関して、弁護士に顧問として就任してもらうための費用です。
毎月一定額をお支払いいただくことで、弁護士による随時の法的アドバイスと逮捕直後の初回接見が無料で受けられます。
 

弁護士費用額(税込)

相談料

初回相談 全て無料
2回目以降の相談  1万800円/1時間
 

初回接見・付添サービス料金

3万2400円
※交通費が別途かかります。
 

着手金

①基本着手金
簡易な事件 0円
通常の事件 21万6000円
複雑な事件 43万2000円
 
②身柄対応着手金(少年事件・少年犯罪で逮捕・勾留されている場合)
21万6000円
 
③被害者対応着手金(少年事件・少年犯罪の被害者や被害者遺族との交渉をご希望される場合)
21万6000円/被害者1名
 

報酬金

43万2000円~

※報酬金の額は、少年事件・少年犯罪の性質・難易度によって個別に決定いたします。
事件の詳細をお伺いして、適正な金額を契約前にご提示致します。

 

日当

1万800円(公判出張は+5万4000円)

※公判出張とは、少年事件・少年犯罪の公判・公判前整理手続・打ち合わせ期日など公判及び公判準備のための期日に出席するための出張のことです。

 

顧問料

10万8000円/1か月

※顧問料以外に着手金はいただきません。

※少年事件・少年犯罪の弁護活動を希望される場合は、別途、弁護活動の委任契約が必要です。
顧問契約の期間中に弁護活動の委任契約に移行する場合、お支払い頂いた顧問料は少年事件・少年犯罪の弁護活動を行うための預託金に充当いたします。

 

預託金制度

愛知名古屋弁護士弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所では、少年事件・少年犯罪の充実した弁護活動のため、預託金制度を採用しています。

預託金制度とは、将来的に弁護士費用の不足で弁護活動が中断してしまうことのないように、少年事件・少年犯罪の弁護活動をご依頼いただくにあたって、あらかじめ事案に応じた一定額の金銭をお預かりする制度を言います。

預託金は、少年事件・少年犯罪の終了後に弁護士費用の精算に用いさせていただき、残額が生じればその全額を速やかにお返しいたします。

 

お問い合わせ・無料法律相談のご予約

ページの上部へ戻る

Copyright(c) 2015 弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所 All Rights Reserved.