少年事件の取調べを弁護士に相談!東京都荒川区の窃盗事件で逮捕されたら

2017-06-12

少年事件の取調べを弁護士に相談!東京都荒川区の窃盗事件で逮捕されたら

未成年のA君は、東京都荒川区内の駅前にとまっていた自転車を盗んで使用していたところ、警視庁荒川警察署の警察官から、防犯登録のチェックのために呼び止められ、その際に自転車の窃盗が発覚し、窃盗罪の容疑で話を聞かれることになりました。
A君は、逮捕こそされなかったものの、警視庁荒川警察署への同行を求められた後に取調べを受け、その後も何度か出頭するよう言われました。
(フィクションです)

~取調べの受け方~

上記の事例では、A君は逮捕こそ免れていますが、警察官から取調べを受け、その後も警視庁荒川警察署で取調べを受けるように求められています。
このように、たとえ少年事件であっても、家庭裁判所へ送致される前の捜査段階では、大人と同じように、警察官から取調べを受けます。
未成年である少年が、プロの警察官を相手に取調べを受けるわけですから、その不安は大きいでしょう。

大人であっても、取調べで自分の主張を100%出し切ることは難しいことがあります。
少年はその柔軟性ゆえに、取調べでうまく誘導されてしまったり、自分の言い分を言いきれなかったりする危険性が、大人よりも高いといえます。
弁護士に相談することで、少年の取調べ対応について助言できたり、無理な取り調べが行われていないかチェックできたりします。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、刑事事件・少年事件専門の法律事務所です。
成人の刑事事件はもちろん、少年事件の取調べ対応についても、弁護士が丁寧にご相談させていただきます。
少年事件を起こしてしまって取調べを控えているという方、取調べについて不安を抱えているという方は、一度、弊所の弁護士まで、ご相談ください。
初回の法律相談は無料ですから、お気軽にご利用ください。
警視庁荒川警察署までの初回接見費用のお問い合わせは、0120-631-881まで、お電話ください。

Copyright(c) 2015 弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所 All Rights Reserved.