三重県四日市市の殺人事件で逮捕にも~少年事件の逆送に強い弁護士

2018-03-19

三重県四日市市の殺人事件で逮捕にも~少年事件の逆送に強い弁護士

Aは、三重県四日市市内で人を殺害し、三重県四日市西警察署殺人罪の容疑で逮捕された。
Aは17歳の未成年であったが、未成年でも刑事裁判を受け、刑事罰を受ける可能性があると聞いたAの両親は、少年事件に強い弁護士に、今後の見通しを法律相談することにした。
(フィクションです)

~少年事件でも刑事裁判を受ける~

少年が犯罪行為を行って逮捕された場合には、最初は成人事件と同じように身柄拘束を受けて、検察官の元へ送られます。
その後に成人事件の場合、検察官は被疑者について勾留請求をするかどうか、そして、起訴するか不起訴にするかを判断します。
他方で、少年事件で少年が逮捕・勾留されている場合、原則として少年の身柄は少年鑑別所に送られ、少年は家庭裁判所の少年審判を受ける流れになります。

しかし、家庭裁判所の判断で、少年事件が家庭裁判所から検察庁に送り返されて、成人と同じ刑事裁判を受け、刑事罰を受けるかどうか判断されることがあります。
これを「逆送」と言います。
逆送については少年法20条に規定があり、「死刑、懲役または禁錮に当たる罪」について、家庭裁判所の調査の結果、罪質や情状に照らして刑事処分を相当と認めるときは、管轄の検察庁に事件を送致することが規定されています。
また、「16歳以上の少年の殺人事件」は原則として逆送されることになっています。
このことから、17歳で殺人事件を起こしてしまった今回のAは、逆送される可能性があることになります。

家庭裁判所での少年審判における保護処分と異なり、刑事裁判は、被告人を処罰するために行われます。
そのため、逆送され、刑事裁判を受けることは、少年にとっては負担が大きいものです。
そのサポートやケアには、少年事件に精通した弁護士の力が必要であるといえるでしょう。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所では、少年事件と刑事事件を専門に取り扱っています。
そのため、少年が刑事裁判の被告となる少年事件の経験も豊富です。
少年の殺人事件でお困りの方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所までご相談ください。
三重県四日市西警察署までの初回接見費用 43,900円

Copyright(c) 2018 弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所 All Rights Reserved.