(愛知県蒲郡市の傷害事件)少年事件で子どもと向き合うには弁護士のサポートを

2018-01-06

(愛知県蒲郡市の傷害事件)少年事件で子どもと向き合うには弁護士のサポートを

愛知県蒲郡市に住んでいる16歳のAは、高校にもほとんど行かず、友人らと深夜まで遊んでなかなか帰らず、何度か警察に補導されることもあった。
Aの両親は、昔からAを放任しており、Aの非行についても向き合ってこなかった。
ある日、Aは、友人らと、公園で暴行行為をして、愛知県蒲郡警察署の警察官に、傷害罪の容疑で逮捕された。
被害者は大怪我をしていまい、大事になってしまうのではないかと心配したAの両親は、少年事件を専門に取り扱っている法律事務所に相談することにした。
(フィクションです)

~少年事件での親の役割~

成人の刑事事件の場合、検察官は事件を起訴するかどうかを判断し、起訴された被告人は刑事裁判を受けることになります。
少年事件の場合には、一部の重大事件を除いて、少年が起訴されることはありません。
検察官は、少年を家庭裁判所に送致して、少年審判を受けさせます。
少年事件における家庭裁判所での少年審判は、刑事裁判とは異なり、少年を更生させることが目的です。

成人の刑事事件で不起訴や執行猶予を獲得するためには、被害者との示談成立などの事情が重要ですが、少年事件の場合、示談だけで軽い処分になるとは限りません。
少年が非行をする原因となった環境をそのままに少年を家庭に帰してしまった場合、再び非行をする可能性があるからです。
そのため、少年の環境が変わる可能性がない場合、大きな事件でなくても少年院送致になるおそれもあります。

少年事件で軽い処分を望む場合には、ご両親が少年と向き合い、また少年が非行をした原因となりうる、高校生活や友人関係等の周囲の環境を改善しなければなりません。
しかし、自分たちだけでその改善を行っていくことは難しいことでしょう。
そんな時こそ、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の刑事事件・少年事件を専門に取り扱う弁護士にご相談ください。
弊所の弁護士は、少年事件を起こしてしまった非行少年と向き合うお手伝いもしています。
専門家の弁護士の力を借りることで、環境の改善もスムーズに進みやすくなります。
まずはお電話(0120-631-881)にてお問い合わせください。
愛知県蒲郡警察署までの初回接見 4万300円

Copyright(c) 2018 弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所 All Rights Reserved.